紹介予定派遣とは? 派遣期間や契約書について解説

人事が知っておきたい雇用形態の違い。その中でも紹介予定派遣は、採用のミスマッチを防ぐ方法として注目を集めている契約形式です。今回は、紹介予定派遣の期間や契約書についてご紹介しますのでご参考になさってください。

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、派遣会社から派遣されたスタッフが一定期間就業した後に、直接派遣先企業に雇用される契約の形態です。この際の雇用は、正社員ではなく契約社員やアルバイトとしての雇用の場合もあります。

労働者にとっては、「どんな職場か確かめたうえで、正社員として働くことができる」というメリットがあり、その上紹介予定派遣では人材派遣会社の担当がサポートをしてくれるので、条件の交渉などを任せることができるのも嬉しいポイント。

企業にとっても、どんな人材か確かめたうえで直接雇用することができるので双方に利点があります。「採用のミスマッチを防ぎたい」「離職率が高くて悩んでいる」人事の方は、是非紹介予定派遣の起用を検討してみてはいかがでしょうか。

タレントマネジメントがすぐはじめられるクラウドツール

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

> カオナビについて詳しく見る

紹介予定派遣の派遣期間

紹介予定派遣の期間は、最大で6ヶ月と定められており、平均すると3ヶ月程度です。企業にとっては「どんな人材か確かめることができる」ので、面接だけでは判断しにくい勤務態度や人柄をみながら採用を考えることができるというメリットがあります。

紹介予定派遣の場合に気を付けたいのが、最大の期間は定められていても契約の更新は禁止されていない点です。例えば、2ヶ月で3回の契約を行ったとしても、最大6ヶ月以内であれば問題ありません。

とはいえ、契約を何度も更新してやっと直接雇用契約では、労働者と信頼関係を築くことが難しくなってしまいます。また、正式に社員契約を締結した後、新たに試用期間を設定することは、法律で禁止されているので注意しなくてはなりません。

派遣期間が終わり、労働者を直接雇用することが決まった際には、紹介された派遣会社に紹介手数料を支払う必要があります。派遣期間によっても手数料が異なりますので、契約を締結する前によく確認をしておきましょう。

紹介予定派遣の契約書の作成

紹介予定派遣では、契約を2回締結し、それぞれ契約書を作成します。1度目は、派遣就業の契約書を派遣元と企業間で作成します。

そして2度目は双方の雇用の意思が決定し、直接雇用が決まったときです。正社員や契約社員、またはアルバイトとして労働者本人と契約を締結する契約書を作成します。

紹介予定派遣は直接雇用を前提とした契約ですが、強制力あるわけではないので、派遣就業契約の期間が終わる前に企業と労働者の双方の意思を確認する必要があります。

直接契約の際には、条件の見直しを行うことも多くありますが、基本的には紹介によって仲介手数料を受け取る派遣元の担当者が交渉役となります。