社員管理とは? 社員の能力を最大限に引き出すために大切な管理

社員が存分に能力を発揮するためには、いくつかの管理が必要になります。求人・採用から始まり、配置や異動、人材育成、人事評価、賃金および労働時間の管理といった、企業が社員に対して行う管理業務「社員管理」についてご説明いたします。

社員管理とは?

企業は、外部からヒト・モノ・カネ・情報といった資源を調達し、それらを内部で製品やサービスに変換して外部に提供することで、利益を生み出し、経営目標の達成に向けてビジネスを推進します。これらを効果的・効率的に行うための組織作りと管理システム構築のうち、「ヒト」にまつわる部分を管理するシステムが「社員管理」です。

人材マネジメントを効率化するクラウドツール

  1. カスタム自由自在な人材データベース分散した人材情報を一元管理。細かい閲覧設定も可能
  2. 社員の顔をクリックして人材情報を確認。顔写真入りの組織図で、人員配置もわかる
  3. 面談記録を管理してマネジメント間共有。社員の離職防止とモチベーションアップに
  4. 簡単な経歴や自己紹介を社員同士で公開。現場のコミュニケーションを活性化

実際に社員の配置を動かしてシミュレーションし、計画を立てられます。シミュレーションデータは保存が可能で、会議のときにパッと開けます

顔写真付きだから現場の雰囲気がイメージしやすいのが特徴です。

適材適所の実現にぜひご活用ください

> カオナビについて詳しく見る

社員管理の役割と目標

企業を構成するどの部門も、人材を調達して活用していくことで、与えられた役割を果たそうとするため、社員管理の基本的な役割は、経営活動が「組織あるいは部門の目標」を、ローコストで効果的かつ効率的に達成するように、管理していくことにあります。

社員管理の構成と環境条件

 

機能の面から分解すると社員管理には、

  1. 人材(労働力)を確保し、(企業外部から確保するには“採用”が、内部から確保するには“教育訓練が必要)仕事に配置する機能
  2. 人材が能力を発揮できる就業の条件を整備する機能
  3. 働きに対する報酬を決め、社員の労働意欲の維持・向上をはかる機能

といった3つの機能があります。

それに対応して社員管理は、多様な管理分野から構成されています。

にあたるのが雇用管理
にあたるのが就業条件管理
にあたるのが報酬管理

といった3つの管理となり、これらに加えてもうひとつ重要な分野があります。

それは、社員の働きぶりを評価する人事評価管理です。

人事評価というと、賃金などの報酬を決めるための管理活動と考えられますが、それは人事評価の機能の一部であり、社員の働きぶりを見て、配置が適切であるかを評価して次に反映していく、仕事と能力が合っているかを評価して次の教育訓練に反映していくことなども、大変重要な機能なのです。

評価制度とは? 制度の目的、評価基準、種類について
人事評価制度は多くの企業で取り入れられるようになってきていますが、正しく運用されていないこともまだまだあるようです。評価制度は、明確な目的や評価基準、評価の仕方などができていないと経営や企業の発展に役...

社員管理システムの導入

このように、限られた人員だけでカバーするには、あまりにも業務が煩雑かつ膨大な「社員管理」ですが、給与計算、社会保険、労働保険といった労務関係も連携する「社員管理システム」を導入することで、度重なる法改正にもシステムがスピーディに対応し、社員管理業務の負荷軽減につながることでしょう。

そもそも「就業規則」は、法改正や時代に合わせたメンテナンスが必要なもの。近年は法改正が頻繁となっており、28年度までも、雇用保険法の改正案、育児・介護休業法、男女雇用機会均等法の改正案、300人超の会社では女性活躍推進法における行動計画の提出から実践、改正労働契約法における無期転換制度が多くの会社で残り2年に迫るなど、おびただしい変化がありました。

就業規則はとくに注意を要しますが、労働基準法のみならず労働安全衛生法なども含まれるため、幅広い対応が必要です。

また、IT化の進展の裏側で、企業が抱えるITリスクは増大しています。企業イメージダウンにつながりかねないリスクを回避するためにも、社員管理システムを導入すると同時に、個人情報漏洩やセキュリティ対策も含めた規則や規定作りを進めましょう。

人材マネジメントシステムとは? タレントマネジメントを成功させるためのツール
社員の才能、能力、スキルを把握し、可視化することで、タレントマネジメント をサポートするツール「人材マネジメントシステム」。日本企業においてスムーズな導入が難しい理由と選択のポイントをご紹介します。 ...

タレントマネジメントシステムとは? 機能、メリット・デメリット、選び方、比較ポイント【導入事例アリ】
ここ数年、耳にすることが増えた「タレントマネジメントシステム」。日本では比較的新しいジャンルとなるため、他システムとの違いが分からない人も多いのではないでしょうか。 タレントマネジメント導入の目的と...

社員管理を効率的にする人材マネジメントツール

人材情報はなんでも入れられる

人材情報はなんでも入れられる

社員名簿作成はもちろんのこと、適材適所の配置や人材育成に活用できます。

手軽に社員名簿をつくりたい、人材情報をマネジメントに活用したい、という方はぜひご検討ください。

> カオナビについて詳しく見る