ILO活動目標「ディーセントワーク」とは? 意味・労働条件など解説

ディーセントワーク、それは家庭と仕事の両立を可能とした、働きがいのある人間らしい仕事を皆が持てる社会となることです。ディーセントワークの実現には、労働者の育児や介護などの家庭の事情が考慮され、長時間労働をなくし、ワークライフバランスの実現など様々な取り組みが必要です。

ディーセントワークとは?

ディーセント(decent)は「まともな、見苦しくない、きちんとした」という意味を持ちます。ディーセントワーク(Decent work)は、1999年に開かれた第87回国際労働機関(ILO)総会での事務局長の報告で初めて使われた言葉で、ILOの活動の主目標として掲げられました。

国際労働機関(International Labour Organization/ILO)は、1919年に創設されスイス・ジュネーヴに本部を置く世界の労働者のために労働条件と生活水準の改善を進める国連の専門機関です。

ILOはディーセントワークには、以下の取り組みが必要だとしています。

  1. 必要な技能を習得して、働いた賃金で暮らしていけるよう、国と企業が仕事の創出を支援する
  2. 社会保障を充実させて、安全に健康的に働ける職場環境を保障する
  3. 職場で起きた紛争や問題が平和的な解決に導かれるように社会対話を推進する
  4. 不利な立場で働く人をなくすために労働者の権利を保障し尊重する

尚、これらにおいて男女平等、非差別は恒久的な課題として常に解決に努めなければならないとされています。

日本でもこのディーセントワークを、「働きがいのある人間らしい仕事」とし、厚生労働省がその概念の普及に努め、実現のための労働政策を進めていくとしており、平成24年7月に閣議で決定された、「日本再生戦略」でもこのディーセントワークの実現が取り上げられています。

育児や介護など家庭生活を営む上で大切な時期を人間らしく、働きがいのある仕事と共にやりがいを持って両立していく、それがディーセントワークの姿です。

人事評価の作業をラクにするには?

人事評価や目標管理でお困りではありませんか?評価システム「カオナビ」を使えば以下のお悩みが解決します!

●紙やExcelで運用で時間がかかりすぎる
●評価の進捗が見えない
●ファイル管理が煩雑になっている
●評価をする時間が取れない

カオナビで人事評価の業務時間を削減する
    https://www.kaonavi.jp

ディーセントワーク実現のための日本の課題

ILOでは具体的な労働条件として、1日、また1週あたりの労働時間、賃金や休日の日数、労働の内容などが人間の尊厳を守り、健康を維持できるものであること、また人間らしい暮らしを持続できることを求めています。

そして、それを保障するためには、結社の自由や団体での交渉権、失業保険、最低賃金の確保など労働者の保護に努めることも言っています。

ILOではこうした労働条件を、具体的に条約や勧告として定め、それぞれの国に監視機関を持つことでディーセントワークの実現を推進していますが、実は日本ではまだ批准していない条約があるのが事実です。

日本では、都道府県により最低賃金はかなりの差があり、先進国の中でも低い水準となっています。

また、労働時間の上限についても実質定められていないのが現実であり、有給休暇は保障されていますが、未消化が多いという実情もあります。非正規雇用労働者の労働条件が正規雇用労働者と比べて不利であることなど、雇用形態で格差があるという問題もあります。

家庭と仕事の両立はディーセントワークの取り組みから

ディーセントワークを実現し、家庭と仕事の両立を可能にするために企業が取り組みることはどんなことでしょうか。

  1. 経営者自らがディーセントワーク実現に向けての決意表明などの何かしら行動でアピールする。
  2. 育児休暇制度、介護休暇制度その他、家庭生活をきちんと送りながら仕事をする上で、ある時期必要とされる保障制度や福利厚生制度について社員全体に周知徹底し、利用を呼び掛ける。
  3. 家庭生活を大切にしながら仕事も充実させられる研修制度やキャリアパスを社員に示す。
  4. 各家庭の事情、個人の事情をお互いに認め合い、助け合えるような雰囲気を職場で育てる。
  5. 管理職が部下の家庭事情、個人事情を理解し、上司に相談しやすい雰囲気を作る。

ディーセントワークの実現は、従業員エンゲージメントを高め、離職率の低下にもつながります。人事として、取り組むべき課題です。

エンゲージメントとは? 意味、必要性、向上させる方法、評価、測定方法について
エンゲージメントとは、用いられるシチュエーションによってさまざまな解釈がなされる言葉です。 人事領域やマーケティングの領域においてどのような意味を持つのか エンゲージメントの必要性 エンゲージメント...

ワークエンゲージメントとは? 主体的な社員の「熱意・没頭・活力」の3尺度
ワークエンゲージメントは、主に従業員のメンタル面の健康度を示すもので、主体的に仕事に取り組んでいる心理状態を表す言葉です。 ここでは、 ワークエンゲージメントの定義、ワーカホリックとの違い ワークエ...