クレドとは? 企業理念をクレドに反映させる意味や作り方

クレドと呼ばれる「企業が大切にしている信条やポリシー、ありたい姿を、簡潔に記したもの」が、社員の働きがい、働く意味を高めるものとして注目を浴びています。社員に対して企業の理念や、価値観に基づいた働き方を促すきっかけとなるクレドについて、その意味や作成方法を詳しくご紹介します。

「クレド」とは?

クレドとは、ラテン語で信条・志・約束を意味し、「企業の信条や行動指針、経営理念を簡潔に記したもの」として定着しつつあります。企業規模が拡大することで、創業の経緯を知らないまま働く社員が増え、全社員に対して企業理念が浸透しないことが問題になっています。

創業者や経営者が抱く理念や価値観は、企業によって似て非なる物であり、企業の個性を生み出す源です。社員が企業の個性を理解し、商品やサービスに反映することで、企業が成長を続けることができるのです。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

クレドに企業理念を反映させましょう

企業理念がどんなに素晴らしくても、創設者や役員などの頭の中にあるだけでは何の効果ももたらしません。クレドは、社員が主体となって作り上げることが大切ですが、その際に会社のトップが掲げた企業理念を反映させることが大切です。それによって、企業理念を会社の内外に浸透させることができます。

しかし、多くの場合、企業理念は抽象的になりがちです。クレドを作り上げる際には、企業理念を加味した上で「簡潔且つ具体的に」記し、この会社で働くことの意味や目的を企業内で共有することができます。

クレドを取り入れる意味

企業規模が大きくなればなるほど社員数も増加し、企業のトップの思いが浸透しきっていないという問題が発生してきます。そのような問題をクリアするためにも、クレドは良い役割を果たしてくれます。クレドをカード状にして常に目にすることができる状態にすることで、心に刻めることもできるでしょう。

さらに、その企業で働く上での指針をいつでも確認することができるので、業務中に迷うことがあれば、クレドを参考に道を切り開くことも可能です。そして、企業内にクレドを浸透させることで、社員のやる気を上げたり、コミュニケーションの活性化を促す効果もあると言われています。こうした効果が期待できる点からも、クレドを取り入れる意味は多いにあるでしょう。

クレドの作り方

企業理念や経営理念は本来会社の創業者やトップが考えますが、クレドにおいては経営者などトップも含めた「全社員主導」で作成するのが好ましいでしょう。クレドの作成は、全ての社員に浸透することに意味があります。自分たちの意向や思いが反映されているという意識を持たせることで、納得性の高いクレドを作ることができます。

1.ありたい姿を描く

まず、様々な部署やポジションからメンバーを選抜し、チームを編成させましょう。各々のメンバーの役割を決め、会社、もしくはプロジェクトがどうありたいのか議論します。

2.目標設定

次に、プロジェクトの目標を設定します。5W1Hを参考に、なぜクレドを作るのか、何のために、いつまでに作成する必要があるのか、クレドをどうやって作っていくかのプロセス設定など、細かい設定を行います。

3.経営者インタビュー

その次に欠かせないのが、経営者へのインタビューです。企業としての今後の方針や求めていきたい姿をリサーチし、クレドに盛り込むことが重要です。

4.アンケート調査

クレド作りには、チームメンバーだけでなく、全ての社員の参加が不可欠です。全社員を対象にアンケートを実施することで、社員の思いに根ざしたクレドを生み出すことができるのです。また、顧客満足度に関するアンケートも実施して、しっかりとクレドに盛り込みましょう。

5.クレドの文章化

最後に、集まったアンケートを集約し、明文化する作業を行います。読み手である社員が読みやすく、浸透しやすい文章を目指しましょう。抽象的な内容ではなく、実際に働く上で指針にし易いクレドであることが大切です。