1on1を効果的に進めるには? アイスブレイク例

1on1ミーティングとは? 効果を高める質問や1on1シート
ヤフーが導入したことでも注目されている1on1ミーティングとは何でしょうか? 定期的に上司と部下が行う1対1の面談のことで、以下のような効果や有用性から話題となっています。 部下が自分の仕事を定期的...

1on1ミーティングを実施しても、なかなか思うような効果が得られないという悩みがあります。1on1ミーティングをより効果的に実施するには、どんなことに配慮すればよいのでしょうか。

  • 1on1ミーティングの効果を高める準備の方法
  • 1on1ミーティングのテーマの選び方
  • 1on1ミーティングの話し方

などから解説します。

1.1on1ミーティングを効果的にするポイント

1on1ミーティングを効果的にする3つのポイントについて解説します。

  1. 部下の合意を得る
  2. マネージャーが最低3カ月分のミーティングを設定する
  3. 共感的な姿勢を意識する

①部下の合意を得る

「一方的な強制ではない」「全くの任意ではない」というように強制と任意の間でバランスを取りながら、「部下の合意を得る」「部下の気持ちを前向きにさせる」対応を考えます。

②マネージャーが最低3カ月分のミーティングを設定する

「スケジュールは任せる」「時間があるときに教えてほしい」など、部下に1on1ミーティングのスケジュール設定を任せた場合、業務の繁忙などから1on1が実施されない可能性が高まります。

多くの企業が四半期ごとに決算報告を行っていることを参考に、3カ月分のミーティングをマネージャー自ら設定しましょう。

③共感的な姿勢を意識する

一般的な情報交換の場では、「上司が助言する」「上司が論理的判断を下す」場面が多いです。しかし1on1の場では、「上司が共感的な姿勢で話を聴く」「上司が親身に話を聴くことで発言を引き出す」ことが求められます。

部下が、「もっと発言したい」「もっと提案したい」と自発的に臨めるよう、共感的な姿勢を意識しましょう。

1on1ミーティングを効果的にするためのポイントは、「部下の合意を得る」「マネージャーがミーティングを設定する」「共感的な姿勢を意識する」の3つです

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは?

・1on1の進め方がわかる
・部下と何を話せばいいのかわかる
・質の高いフィードバックのコツがわかる

効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

2.1on1を効果的に進めるためのテーマ一覧

1on1を効果的に進めるためには、1on1ミーティングの中で「毎回取り上げるべきテーマ」「時と場合によって取り上げることのあるテーマ」の2つを用意することが重要です。

そして状況によって2つのテーマを巧みに使い分けていくと、下記のような効果が期待できます。

  • 毎回取り上げるテーマにより、お互いの信頼関係が構築される
  • 信頼関係をベースに上司が部下を支援できる
  • 部下の成長が組織のパフォーマンスを向上する
  • パフォーマンスの上がった組織は、組織としての価値を最大化させる

1on1を効果的に進めるために、「毎回持ち出すべきテーマ」「時と場合によって取り上げる可能性のあるテーマ」の2つを用意します

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

3.効果的な1on1ミーティングの実施方法

効果的な1on1ミーティングの実施方法について、5つの観点から事例を含めて解説します。

  1. アイスブレイク(プライベート相互理解)
  2. 体調確認(心身の健康チェック)
  3. 前回のおさらいと承認(モチベーションアップ)
  4. 今回のテーマ
  5. まとめとアクションプランの確認

①アイスブレイク(プライベート相互理解)

アイスブレイクとは、プライベートな部分による相互理解の促し方で、プライベート相互理解ともいわれます。

上司

最近、健康的に身体を鍛えているようだね
わかりましたか? ジムに通い始めたんです

部下

②体調確認(心身の健康チェック)

体調確認(心身の健康チェック)とは、下記のように心身の健康に関する話題を1on1の会話に織り交ぜる方法です。

上司

最近、元気そうだね。運動でも始めたのかな?
はい。時間を見つけて、ジョギングを始めたんです

部下

上司

それはいいね。健康でいることは大事なことだよ。ところで、仕事で困っていることはないかな?
先月は納期に追われましたが、今は大丈夫です

部下

③前回のおさらいと承認(モチベーションアップ)

前回のおさらいと承認とは、前回のミーティングのおさらいから会話を進める前回の流れから進展があった際、部下の働きぶりを承認して、部下のモチベーションを高める方法です。

上司

前回、開発部との打ち合わせをするように話したけれども、どうなったかな?
はい。早速、開発部と打ち合わせをして、いくつか改善点をとりまとめました

部下

上司

もう打ち合わせ済みとはさすがだね! スピード感のある取り組みは、非常に評価できるね!
ありがとうございます!

部下

④今回のテーマ

今回のテーマとは、そのときの取り上げているテーマに踏み込んで会話を展開することです。たとえばテーマが業務課題や組織課題の改善といった場合、下記のようになります。

上司

今日はどんな話をしようか?
特に報告や相談することが思い浮かばないのですが

部下

上司

それなら、最近のチームの活動について、何か意見をもらえないかな?

といった具合に、上司から部下へ改善が必要と考えられる課題について問いかけてみる方法もあります。

⑤まとめとアクションプランの確認

まとめとアクションプランの確認とは、「ミーティングで得られたもの」「確認できた事柄」「新たに生まれた課題」などについて、ミーティングの最後の時間に振り返ることです。

上司

今日はいろいろな話ができてよかったよ。付け加えておきたい点や感想があるかな?
チームがまとまりつつあるのが確認できてよかったです。自分もチームに微力ながら貢献できていることが分かって安心しました

部下

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

4.場所にも注意!1on1の効果が高まるミーティング部屋

1on1ミーティングを実施する部屋に一定の配慮をするとよいでしょう。具体的には、1on1ミーティングで使用する部屋のの広さや明るさ、採光性などが確保できるかどうかを事前にチェックするのです。これにより、1on1ミーティングをより効果的なものにできます。

1on1ミーティングを実施する際は、部屋の広さ・明るさ・採光性などを事前にチェックしてください