新しい人事制度1on1ミーティングとは? 導入事例と効果について

1on1とは? ヤフーが導入した上司・部下の個人面談(1on1ミーティング)、目的、効果について【導入方法、導入事例】
ヤフーが導入したことでも注目されている1on1ミーティングとは何でしょうか? 定期的に上司と部下が行う1対1の面談のことで以下のような効果や有用性から話題となっています。 部下が自分の仕事を定期的に...

1on1ミーティングは、従来の人事評価制度が持つ悩みを解決するための新しい人事制度として注目を集めています。従業員エンゲージメントを高めるともいわれる1on1ミーティングについて、

  • 新しい人事評価制度1on1ミーティングとは何か
  • 1on1ミーティング導入事例
  • 1on1ミーティングの効果

などから解説します。

1.1on1ミーティングで解決できる人事の悩み一覧

1on1ミーティングをすると、会社と社員の間にある絆や愛着が強まります。

なぜなら1on1ミーティングの実施によって、「上司と部下が定期的に面談をすることで部下の抱える問題について素早く対応できる」「組織全体に良い流れが生じ、それが企業と社員のエンゲージメントの向上につながっていく」と考えられるからです。

定期的に1on1ミーティングを実施すると、企業と社員の間にある絆や愛着が強まります

【大変だった人事評価の運用が「半自動に」なってラクに】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

2.人事評価と1on1ミーティングの関係

人事評価において最も重要なことは、「評価の内容が正しいかどうか」ではなく、「評価される側が納得できるかどうか」。評価ルールに則って評価をしても、部下の納得が得られなければ意味のないものになってしまうのです。

1on1ミーティングを実施すれば、「物理的にコミュニケーションを取る頻度を増やす」「目標に対するフィードバックをこまめに行う」ことができます。

その結果、「100%正しい評価」ではなく、「納得のいく評価」をお互いで見つけ出すことができるようになるのです。

1on1ミーティングでこまめに目標に対するフィードバックを実施すると、部下が納得できる人事評価の実現につながります

3.事例から学ぶ! 1on1ミーティングによる人事課題の解決方法

1on1ミーティングによる人事課題の解決方法を実例から学んでみましょう。ここでは、マネーフォワードとアイティーエム、2社の1on1ミーティングについて、導入方法や導入効果を紹介します。自社で1on1ミーティングの導入を考える際の参考にしてみてください。

事例①マネーフォワード

マネーフォワードは、銀行口座やプリペイドカードなどの資産情報をリンクさせ、自動的に家計簿を作成する「マネーフォワード」を提供している企業です。その利便性の高さから、圧倒的な支持を得て急成長を遂げています。

人事上の課題と1on1ミーティング

マネーフォワードが業務を拡大する中で抱えていた人事上の課題は、「社員同士、お互いの顔と名前が一致しない」という問題でした。

「成長に合わせた人材の採用」「社内ネット環境の向上による対面式コミュニケーションの極端な減少」などが原因で、社員同士の顔・名前・担当業務の3つを一致させることが非常に難しい状況に陥っていたのです。

1on1の導入方法

マネーフォワードでは上長が「ツキイチ面談」と呼ばれる月1回の面談を実施し、目標に対する進捗確認やフィードバックを徹底しました。「ツキイチ面談」とは、1on1ミーティングと同様のものです。

面談結果は人材管理システム「カオナビ」の評価管理機能「SMART REVIEW」の中に設けた月ごとの面談内容記載欄に入力し、評価や面談状況をまとめて管理することにしました。

1on1の導入効果

「カオナビ」の評価管理機能「SMART REVIEW」を活用し、面談結果や進捗状況を一覧で見られるようになったことで、人事評価が効率的に行えるようになったのです。

また社員との1on1ミーティングの際、「SPI3」のタイプマップ表示を通じて、相手は自分と違う人間であることが今まで以上に認識できるようになりました。

事例②アイティーエム

アイティーエムは、システム運用監視を主力事業としている企業です。対象は企業のWebサイトやECサイト、社内の基幹システムなど多岐にわたり、ITの守護者ともいえるIT活動に関する運用監視代行事業を擁した事業展開を行っています。

人事上の課題と1on1ミーティング

アイティーエムでは、兼ねてからトップダウンの社内風土が問題視されていました。そこで下記事柄の実現を目的として、人材管理システム「カオナビ」を導入したのです。

  • 社員が自由闊達に意見や要望を発することができる社内風土への転換
  • 旧態依然の人事管理システムの再構築
  • 社員の成長支援

1on1の導入方法

アイティーエムは、人事評価制度の要に1on1ミーティングを据えた新人事評価制度を構築しました。そして「カオナビ」の評価管理機能「SMART REVIEW」を活用し、下記のような事柄を実施したのです。

  • 役員らが1年がかりでコーチング実習を受講し、1on1ミーティングに必要な傾聴や対話術を学ぶ
  • 役員が各管理職のメンターとなり、管理職自身に傾聴と対話の効果を実感してもらう
  • 「カオナビ」のアンケート機能「VOICE NOTE」を使用し一般社員に現人事評価制度における面談状況を確認してもらう

1on1ミーティングの導入効果

アイティーエムは、1on1ミーティングの実施により、社員の成長や社内コミュニケーションの活性化が叶いつつあります。

この良い流れを受け継ぐためにも、引き続き「カオナビ」を活用しながら自由に意見や要望を発することができるフラットな社風を目指しているそうです。

また1on1ミーティングを充実させることで、社員一人ひとりの成長をさらに促していきたいと考えています。

人材管理システム「カオナビ」の評価管理機能「SMART REVIEW」を活用して、1on1ミーティングを効果的に人事評価制度に取り入れていきましょう