ゆとり世代とは? ゆとり世代の部下の特徴を理解して仕事を円滑に

1987年4月2日生まれから2004年4月1日生まれのゆとり世代は、特徴を理解して適切なケアを行うことで、力強いパートナーになってくれます。今回は、ゆとり世代の特徴やゆとり世代の部下との付き合い方、そして仕事での活かし方をご紹介します。

ゆとり世代とは?

「ゆとり世代」とは、教育指導要綱の改訂により、2002年~2011年の間に義務教育を受けた世代(1987年4月2日生まれから2004年4月1日生まれの世代)を指します。

ゆとり教育では、週休2日制を採用しており、「多種多様な経験をして人間性を豊かにするゆとりを大切にする」という目的がありました。結果として学力の低下を招いただけではなく、危機感を持った家庭では子どもを私立の一貫校へ進学させるケースが増え、教育の二極化という問題も生まれました。

そこで、2011年以降は脱ゆとり教育を掲げた教育が実施されるようになりました。そのゆとり世代が企業などに就業する年齢になることにより、部下として配属され悩みを持つ上司も出てきました。

ゆとり世代の部下の特徴は?

ゆとり世代の特徴としてよく挙げられるのが「ストレス耐性の無さ」です。ゆとり教育では、競争を意識せずに個々を大切に育む教育が行われたので、ストレスに弱い部下が多く上司に注意されただけで会社を休んだり、会社を辞めてしまったりするケースもあります。無断欠勤や早退なども、このストレス耐性の無さが原因です。

また、「失敗を恐れる」ことや、「指示待ち」、そして「プライベートを優先する」などもゆとり世代の特徴として挙げられます。全てが悪いわけではありませんが、今までの新入社員と異なる対応が必要なので、上司はゆとり世代の特徴をよく理解し、コミュニケーションを取ることが大切です。

そして人事担当者はゆとり世代の特徴を理解し、上司に指導を行うだけではなく、教育や研修内容を見直すなど、適切な対応を取ることが望ましいといえます。

ゆとり世代と円滑に仕事をするには?

ゆとり世代の特徴では、ネガティブなイメージをご紹介しましたが、実はゆとり世代は上手に付き合うことで、仕事でも力強い味方になってくれます。「ITリテラシーが高い」ので、情報収集やインターネットを使用したコミュニケーションは得意ですし、「興味を持てるものがあると、深く追求できる」のも、専門性を高める上で優れた資質といえます。

また、多彩な選択肢の中で興味を持てるものを追求する教育方針の中で、自由な発想で「新しいものを創造する」能力に優れているのも優れた点です。

ネガティブな面だけを気にせず、優れた点を活かせるような配慮をするように心がけることが大切です。長期的な視野に立った育成計画を立て、良い所をほめて伸ばすだけではなく、作業指示を与える場合には要件を明確にして詳細な指示を出すように注意しましょう。ゆとり世代を理解し配慮をすることで、仕事をより円滑に進め、成果を上げることができます。