Will Can Mustとは? フレームワークとWill Can Mustシート

Will Can Mustとは?

Will Can Mustという言葉を聞いたことはありますか?

キャリアプラン策定にあたってのフレームワークのことです。簡単に言ってしまうと、Will Can Mustという3つの項目で物事を考えるアプローチです。

  1. Will⇒やりたいこと
  2. Can⇒できること
  3. Must⇒やるべきこと

の3項目に分けて考えていく手法です。

キャリアプランを構築するにあたって、Will Can Mustは例えば、自分はTOEIC800点のスコアがあり(Can)、海外ビジネスに興味がある(Will)、だから海外ビジネスに携われる部署への異動を希望した(Must)といった思考法です。

Will Can Mustのフレームワーク

キャリアプランや転職先を検討するにあたって、なかなか考えがまとまらないという悩みを訴える人は多いです。なぜまとまらないのか、その理由として大きいのは要素が混在してしまうからです。過去の話と未来の話が混在してしまっているパターンは結構多いです。Will Can Mustのフレームワークを導入することで、そのないまぜになっている考えをまとめることが可能です。

Willは「今やりたいこと」・Canは「今できること」・Mustは「今やらなければならないこと」です。Will Can Mustのフレームワークで物事を考えることにより、未来屋過去の話が混在せずに、今の内容を整理できるメリットもあります。

Will Can Mustシートの作成

自分の考え方をまとめるために、Will Can Mustのフレームワークを活用するのは有効です。ただし自分の頭の中だけで考えていると、なかなか話はまとまらないでしょう。そこでおすすめなのは、Will Can Mustシートを作成して、そこにWill・Can・Mustの3つのグループに分けて、自分の考えをまとめることです。文字に起こすことで、自分の頭の中をまとめられます。

Will Can Mustシートを人材育成の面で導入している企業も日本国内でいくつか出てきています。Will Can Mustシートを作成することで、従業員がそれぞれ自分と向き合うことができます。自分でも気づかなかったことを意識することも可能です。

Will Can Mustとリクルート

Will Can Mustシートはリクルート社が従業員の育成のために利用しているもので、それが他の企業にも広まっていきました。リクルートの従業員は、半期に一度Will Can Mustシートの記入が義務付けられています。

具体的にはWill(本人が実現したいこと)・Can(今後生かしたい自分の強みや克服したい課題)・Must(能力開発につながるミッション)について記入します。従業員がそれぞれ仕事によって何を実現したいか、何ができるようにならなければならないかを上司とすり合わせます。そのうえで何をすべきかを決めていくので、高いモチベーションで仕事にあたれます。

Will Can Mustとキャリア転換

転職を検討している人はいませんか?このようなキャリアチェンジをする重要な局面で、Will Can Mustのフレームワークを活用するのはプラスです。Will Can Mustシートを作成することで、自分の考え、どのようなキャリアパスを歩みたいかが見えてきます。

自分は何をやりたいのか?・自分にはどのようなスキルがあるか?・会社からの期待にどう応えるか?この3つが明確になると、今後の自分の進路もはっきりします。転職したいけれども具体的にどう進めばいいかわからない人におすすめの思考法です。

人事評価を効率的・効果的にするツール

  1. 人事評価の運用を効率化したい
  2. 人事評価の進捗や結果を見える化したい
  3. 社員の評価に対する不満を解消したい
とお考えの方には人材マネジメントツール「カオナビ」がおすすめです。

評価の運用を効率化

評価シートを再現。カスタマイズも自在

評価シートを再現。カスタマイズも自在

クラウド上に評価シートを再現Excelや紙での煩雑な管理から解放されます。 スマホでも回答ができるので、評価者・被評価者も使いやすいです。

進捗や評価結果を見える化

進捗を一覧。催促メールも一括送信できる

進捗を一覧。催促メールも一括送信できる

評価結果を一覧できるのはもちろんのこと、進捗状況もパッと確認できます。 止まっている人に対して催促メールも送れます

甘辛調整や満足度の確認もできる

最後の評価調整に

最後の評価調整に

評価会議で、評価結果を一覧しながら最後の甘辛調整にも使えます。 人事評価の運用効率化にぜひご活用ください

> カオナビについて詳しく見る