ベンチャーキャピタル(VC: Venture Capital)とは? 役割、目的、すること、スタートアップ企業との関係性について

ベンチャーキャピタル(VC: Venture Capital)とは?

ベンチャーキャピタル(VC: Venture Capital)は、スタートアップ企業を支援する投資会社です。

これまで世の中になかった革新的なビジネスモデルの導入や、新しい技術を使ったサービスなどを開発・展開して急速に成長する事業を起こす小規模な会社をスタートアップ企業(ベンチャー企業とも)といいます。

それらスタートアップ企業を支えるファイナンスの枠組自体のこと、または、その提供主体をベンチャーキャピタルと呼びます。ここでは、主体としてのVCについて解説します。

マネジメントの変革を目指すスタートアップを支援する、HRテックファンドとは?

ベンチャーキャピタルの役割

ベンチャーキャピタルは、特定の期間(10年間など)で投資家から任された資金を原資にして、一本~複数の投資ファンドを運営します。運用方法は、未上場のスタートアップ企業への株式投資です。

スタートアップ企業目線では、起業当初はまだ売上も資産もない状態が一般的なため金融機関からの借入は難しく、VCからの資本参加が、限られた選択肢としての事業資金源と言えるでしょう。出資を受ける形でのファンディングなので、返済ではなく、事業成長で支援に応えていくことになります。

また、投資家の立場からは、VCファンドは様々な投資商品のラインアップのなかでも、後述の背景より、比較的リターンの期待が高いことが特性となっています。

カオナビ NEXT FUNDがスタートアップに提供する、ファイナンス以上のもの

ベンチャーキャピタルの目的

ベンチャーキャピタルは投資家にリターンを還元すべくファンドの運用益を出すことが求められるので、イグジットとよばれるタイミングにおいて、株式譲渡によるキャピタルゲインの実現を目指しています。(イグジットには、投資先のIPOや、買収などがあります。)

そのためには、急激に成長する可能性の高いスタートアップ企業を早い段階で発掘し、イグジットまでに投資先としての企業価値と、投資の価値をできるだけ上げる必要があります。

スタートアップ企業はその性質から、成熟した企業に比べると、中短期間におけるバリューアップの幅がより大きくなる傾向が成功事例から裏付けられています。

ただ、変化の速い現代社会において、スタート段階で当該事業の将来の成否を見極めるのは、経験を積んだVCにとっても容易なことではありません。したがって、VCファンドがハイリスク&ハイリターンな商品特性になるわけです。

HRテックファンド、カオナビ NEXT FUNDで資金調達するには?

ベンチャーキャピタルのすること

ベンチャーキャピタルは上述の目的を達成するために、どんな手だてを打つのでしょうか。スタートアップ企業は多くの場合、それぞれの課題解決に向けた優れたビジョンやアイディアを持って起業しますが、必ずしも経営の経験を持っているわけではありません。

しかし、会社という組織を運営するために必要なノウハウがないと、その価値を実装して社会に届けることが難しくなってしまいます。

そこでVCは、経営という側面から、いくつものファンドで培ったアドバイスやノウハウを提供することでスタートアップを支えます。
具体的には、VCのキャピタリスト(投資担当者など)が投資先スタートアップの取締役に就任して経営参画し、会社の意思決定に関わる場合もあります。キャピタリスト自らが経営コンサルティングを行いつつ、同時に会社の当事者として、一緒になって事業価値を上げていくイメージです。

カオナビがスタートアップをサポートする、HRテックファンドについて知りたい

スタートアップの成長

起業の構想が生まれてから実際に事業が軌道にのるまでの一連の流れを、一般的にスタートアップ企業の成長ステージと捉えることができます。

名称は様々ありますが、大まかに、

  1. シード
  2. スタートアップ期
  3. アーリーステージ
  4. 成長期

と定義すると、その局面ごとにスタートアップ企業が必要とするものが変遷していくことが想像できると思います。

会社設立以前でのサービス概念のブラッシュアップや事業プランの構築から始まり、サービス開始にむけた開発・投資を経てサービスイン。当初は赤字での事業活動が徐々にスケールし始めると、売上が損益分岐点を超えるまでに一気に大きな成長を遂げていくなかで、個社ごとにも課題やニーズが異なります。

現実には、ステージが進むにつれ、途中で事業に行き詰ってしまうケースもあります。

ベンチャーキャピタルは通常、この成長ステージにリンクしたタイミングで複数回の投資を継続して行います。当初の事業計画にのっとって、当該ステージにおいて達成すべき内容に目的をしぼり、期間を区切って投資を実施します。こうすることで、目指す事業の成長および価値向上を実現すると同時に、失敗した場合のリスクを最小限に抑えこむことになるのです。

カオナビがスタートアップをサポートする、HRテックファンドについて知りたい