スループットとは? 目的、計算方法、増大させる方法について

スループットは、ビジネスの世界において売上を意味する言葉です。どんな目的を持ち、どのように計算するのでしょうか。さまざまな点からスループットについて解説します。

1.スループットとは?

スループットとは、単位当たりに処理可能な量、すなわち処理能力のこと。スループットは、インプットとアウトプットをつなぐデータの通り抜けを意味した造語です。

  • ビジネスの世界では、売上
  • コンピューターやネットワークの世界では、一定時間に処理できるデータ量や機器などの性能

を表す際に用います。スループットを最適化すると収益が高まるため、さまざまな企業でパフォーマンスに対する評価基準として活用されているのです。

スループットとは、処理能力のことです。最適化すると収益が高まるため、パフォーマンスに対する評価基準として活用されています

【在宅勤務中、社員のコンディション管理できていますか?】

気軽なコミュニケーションが難しい在宅勤務。カオナビの[パルスサーベイ]なら、社員の体調はもちろん、モチベーション管理もカンタンな質問で毎日実施できます。

  • 定常的な調査で社員のコンディション変化を見逃さない
  • 回答結果を分析してフォローが必要な社員を絞り込み
  • 過去の評価結果や面談記録もカオナビで一元化。変化の原因もすばやく確認

カオナビで行う社員のコンディション管理とは?

2.スループットの目的や意味

ビジネスの世界におけるスループットの目的は、企業が手にする収益額の計算です。スループットは主に製造業向けとして活用されています。製品やサービスの販売によって企業が手にする売上から、特定の変動費を差し引いたものです。

企業は、スループットを最適化させるために、利益の増大、原材料費や製品在庫、仕掛かり在庫の低減、人件費やその他諸経費などコスト削減を図ります。それによって、包括的な企業活動が生み出されるのです。

ビジネスの世界におけるスループットの目的とは、企業が手にできる収益額を算出して収益を高めることです

3.スループット会計とは?

スループット会計とは、伝統的原価計算管理手法に、スループット、在庫、業務費用の尺度を用いた管理手法で、下記のような流れになっています。

  • 売上から原材料費や外注費などの変動費を差し引いてスループットを算出する
  • 算出したスループットからコストを差し引いて利益を算出する

ここで用いられる変動費は、特定の変動費に限られます。一般的に変動費に分類されるものでも、変動費として組み込まないものがあるのです。スループットは、経常利益といった尺度で評価しきれない企業の貨幣獲得能力を知るために有効な指標となります。

スループット会計とは、「売上から変動費を差し引き、スループットを算出する」「スループットからコストを差し引き、利益を算出する」という会計手法です

4.スループットの計算方法

スループットは、サプライチェーン・マネジメントの制約理論における評価指標として用いられます。そのためスループットは、製品やサービスの販売によって得た売上から変動費を差し引いて算出するのです。

変動費に含まれるものとして、原材料費、外注費、輸送費などがあります。これらは変動費の中でも際立った費用で、スループットを計算する場合、これら特定の変動費のみを計算に組み込むことになっているのです。

たとえば、通常の原価計算では変動費に含まれる、光熱費、減価償却費、労務費といったものは、スループットを算出するための変動費に含まれません。

スループットは、売上から特定の変動費を差し引いて計算します。特定の変動費とは、原材料費・外注費・輸送費などです

5.スループットを増大させる方法とは?

スループットは売上から特定の変動費を差し引いたものですので、大まかに売上だと表現できます。つまり、スループットを増大させる方法、売上を増大させる方法の両者は同じといえるのです。

営業

スループットの増大はつまり売上の増大です。そのため、スループットを増大させたい場合は、まず製品・サービスの販売量や販売額の増加が必要となります。

具体的には、営業力を強化して、売上を伸ばすこと。営業社員の増員、営業方法の見直し、販売経路や販売先企業の開拓や拡大など、さまざまなアプローチで営業力を高めて売上を伸ばしていくのです。

認識

企業がコスト削減を叫んでも、限界があります。企業を維持するための最低限のコストは常に負担しなくてはならないからです。しかし、売上を伸ばすチャレンジをやめない限り、限界はありません。

そこで、どのように売上を伸ばすか、商品企画、商品開発、営業企画といった社内のさまざまな部署を巻き込んで情報共有しましょう。

スループットを増大させる方法は、営業力を強化して売上を伸ばすことです。そのためにも、部署同士で情報を共有しましょう