【解説】助成金とは? 補助金や融資との違いは? 上手に活用する方法

返済の必要がなく、資金の一部となる助成金は、内容や条件を把握して受け取れるように動いたほうが得な制度といえます。助成金と似たものに補助金もありますが、「両者の違いはどこにあるのか」きちんと理解して手続きを進める必要があります。今回は、人事ならば知っておきたい助成金についてご紹介します。

助成金とは

融資とは違い、返済の必要のない資金が助成金です。国からもらえる助成金としては、厚生労働省から受けられる雇用関係のものと、経済産業省から受給される研究開発型のものの2つに大別されます。金額の差や倍率の違いはありますが、大小合わせて数千もの種類があり、それぞれに細かな条件がつけられているため情報を把握することが大切です。内容や期間、条件などは新しいものへと更新されていくため、その都度最新の情報を知り得ておく必要があります。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは?

・1on1の進め方がわかる
・部下と何を話せばいいのかわかる
・質の高いフィードバックのコツがわかる

効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

助成金と補助金の違い

助成金と似たものに補助金がありますが、両者には明確な違いがあります。そのポイントは、助成や補助の目的にあります。

・助成金の目的
国から支給される主な助成金である「雇用関係の助成金」の目的は、「労働者の職の安定」です。そのため、雇用機会を拡大したときや人材育成のための助成金などがあります。給付のタイミングは、雇用前の申請・雇用後の申請など助成金の種類によってさまざまです。

・補助金の目的
国が何かの事業や政策を掲げ目標達成を図る際、事業者に広く周知したい、または、多くの事業者に取り組んでもらいたいといったときに、その事業を行うサポートとして補助金を交付します。補助金は、あくまで行った事業に対するサポートとなるため、基本的には後払いで事業実施後にも審査が入り交付されるかどうかが決まります。

Excel、紙の評価シートを豊富なテンプレートで楽々クラウド化。
人事評価システム「カオナビ」で時間が掛かっていた人事業務を解決!
【公式】https://www.kanavi.jp にアクセスしてPDFを無料ダウンロード

助成金の意味を知って上手に活用しよう

助成金は種類によって意味はさまざまですが、受給を求める場合には、その意味を正しく理解しておくことがポイントとなります。人事にとって重要なのは、雇用関係の助成金です。ほぼすべての助成金が雇用保険の加入を義務づけているため、まずは「保険に加入しているか」、「滞納している保険料はないか」を確認しておくことが必要です。

そのうえで、「失業予防」なのか「雇用状態を是正する」のか、助成金の意味からどの種類の助成金を受給できるのかをチェックしていくのがポイントとなります。雇用に関する新しい取り組みを始めるときや新たに人を雇うとき、人材育成に力を入れるときなどは、受給対象となる可能性があります。

事前に審査を通す必要がある助成金もあるため、「何かを始める前」には、助成金の対象となるか調べておくといいでしょう。助成金の上手な活用は、人事にとって新たな取り組みを行うときや人材を確保するときにプラスとなるものです。最新情報を常に収集しておくことがおすすめです。