生産管理とは? 目的や工程管理との違い、業務内容や生産管理システムなどについて

生産管理は、製造業において必要不可欠な活動です。ここでは生産管理の業務内容や生産管理システムを含めた生産管理全般について解説します。

1.生産管理とは?

生産管理とは、製造業において生産計画などに基づいた製品を期限までに生産するための製造工程を管理する活動で、立案や製品の製造を計画通りに実施するためには欠かせないものです。

生産管理を計画的に実施する、これは、製造業の基幹だといえるでしょう。

生産管理とは、製造業において決められた分の製品を、納期までに生産する工程を管理する活動のことです。生産管理は製造業の経営の基幹です

【社員の管理に、お困りではありませんか?】

「カオナビ」は使いやすさで選ばれる、人材管理システムです。多様化する社員の個性も一目で把握、活用が進む人材マネジメントを実現します。

カオナビってどんなツール?

2.生産管理の目的

生産管理の目的は、生産計画に基づいて製品の製造や生産について管理を行うこと。生産管理には下記項目があり、事業規模が大きくなればなるほど複雑化します。

  • 生産計画の立案
  • 生産計画に基づいた購買計画の設計
  • 資材や部品調達
  • 作業場の設備確認や作業員の配置
  • 生産コントロール
  • 品質管理

生産管理には、需要に見合った最適量のスムーズな生産が求められます。

生産管理の目的は、生産計画に基づいて需要と供給の最適化を図りながら求められる製品を製造することです

3.生産管理と工程管理の違い

工程管理とは、生産の工程を効率的な方法によって進めていくために用いられるものです。

顧客から依頼があれば、企業は依頼された製品を必要な個数、所定の納期に納められるよう進めます。工程管理では、これらがスムーズに進むよう、製造設備の確認、作業員の配置、資材調達といった複数の製造工程を管理するのです。

生産管理は、製品の製造だけでなく、製品の企画や品質管理なども含まれるため、工程管理は生産管理の一部分といえるでしょう。

工程管理は生産管理の一部です。製品の製造工程がスムーズにいくように製造に関する各工程を管理します

4.生産管理の業務内容

生産管理における業務内容にはどのようなものがあるのか、ここでは代表的な6つの業務内容について解説しましょう。

  1. 生産計画の作成
  2. 調達計画の作成
  3. 工程計画の作成・工程管理
  4. 交渉
  5. 割り振り
  6. 品質管理

①生産計画の作成

生産計画とは、「どのような製品をどのくらいの個数、いつまでに製造するのか」といった、製品を生産する際の計画を立てることで、入念なマーケティングや顧客へのヒアリングをもとに立案されます。

生産計画は需要にマッチしたものであり、最適なタイミングで製品を提供できる計画でなければなりません。

②調達計画の作成

次に資材の調達のため、調達計画として、製品の生産に必要な資材や原材料の調達に関する計画を立案します。ここでは、必要な資材や原材料をいつどこからどのようにどのくらい調達するか、調達に関する事項を検討し、スケジュールに組み込んでいきます。

③工程計画の作成や工程管理

工程管理とは、製品の製造工程が生産計画に沿ってスムーズに進むよう製造に関する各工程を管理していくことで、生産プロセスの検討、工数計画の作成、リソースに関する計画の立案、進捗管理などを行います。

工程計画の作成だけでなく、実際に工程計画通りに生産が進んでいるのかどうかの管理、確認も含まれています。

④交渉

交渉とは、生産に関するさまざまな問題について話し合い、取り決めをしていくこと。たとえば、生産管理ではコスト管理と利益の確保の並行が欠かせませんが、そこでは資材や原材料の調達コストや販売価格などの交渉が発生します。

⑤割り振り

経営資源「ヒト、モノ、カネ、情報」の1つ「ヒト」の有効活用は、経営戦略において重要です。

生産管理では、「どの生産ラインに人材リソースを重点的に配置するのか」「いつ人材リソースの見直しを行うのか」といった人材の割り振りを検討します。また、日頃から人材リソースの適切な把握も必要です。

⑥品質管理

品質管理とは、「全製品の検査」「ランダムに製品を抜き出して検査」などで製造した製品の品質維持を確認すること。製品に不良品が出ると、顧客からの信頼を失ったり製造コストが上がったりしてしまいます。

製造した製品に対して、「完成品として品質が保たれているか確認する」「不良品を適切に管理する」などを行うことは、製造業として当然といえるでしょう。

生産管理の業務内容には、「生産計画の作成」「調達計画の作成」「工程計画の作成・工程管理」「交渉」「割り振り」「品質管理」があります

5.生産管理システムとは?

生産管理システムとは、生産管理に関わるすべての工程を簡素化、効率化して管理するシステムのことで、生産計画や調達計画の作成、工程計画の作成や工程管理、交渉、割り振り、品質管理などを、取り扱いやすいシステムを活用して管理します。

生産管理システムを活用すれば、難しいとされている生産管理を一元管理できます。そんな生産管理システムとはどのようなものか解説しましょう。

生産管理システムのメリット

生産管理システムのメリットは、データの共有です。システムを活用すれば、生産に関するデータを一元管理できるだけでなく、データの共有も容易になるため、生産管理の改善点や製品の不良状況などをスピーディーに把握できるようになるのです。

生産管理システムのデメリット

生産管理システムのデメリットは、システム導入に関するコストがかかること。システムを導入するには初期コストが必要で、システムによっては運用コストがかかる場合もあります。

生産管理システムの機能

生産管理システムの機能は、多岐にわたります。

  • 生産計画
  • 資材管理
  • 販売管理
  • 製造管理
  • 在庫管理
  • 部品管理
  • 予算管理
  • 原価管理

すべてを自力で行おうとすれば、時間と労力がかかりますが、生産管理システムを活用すれば、自社に最適な管理を手軽かつスムーズに進められます。生産管理システムは、生産管理の効率化、改善点などの早期把握と対処を可能にするツールなのです。

生産管理システムには、コスト面で課題があります。コスト面の課題をクリアできれば、自社に最適な生産管理を手軽に効率よく進められます

6.生産管理システムの種類

生産管理システムには、いくつかの種類があります。主要な生産管理システムを6つ紹介しますので、自社導入の際、参考にしてください。

TPC

TPCは、トヨタ自動車が採用している生産管理システムで、「ムリ・ムダ・ムラ」の削減を目的としています。

「必要なものを必要なときに必要なだけ」生産するよう設計されており、「生産性を高める生産工程の自働化」「生産効率を高めるジャストインタイム」という2本の柱からできているのです。

「標準作業外の事態が起こったら、原因を突き止め日々改善を目指す」「短時間、低コストの大量生産を目指す」ことで、顧客ニーズに沿ったものだけを供給する体制を整えました。

rBOM

rBOMは、大興電子通信が提供する生産管理システムで、下記をトータルでサポートしてくれるシステムです。

  • 調達のQCD(Quality:品質、Cost:価格、Delivery:納期)を向上させる調達支援
  • 原価制度と利益の向上を図る原価管理
  • 有益な設計時間創出を可能とする設計の改革
  • 工場の生産性向上を目指す生産計画と管理
  • 提案型営業を推進できる営業支援

低コストで導入できるタイプ、個別受注生産向けのタイプのようにシステムの種類が豊富なことも特徴のひとつです。

SMART販売管理・生産管理システム

SMART販売管理・生産管理システムは、スカイシステムが提供する生産管理システムで、受注や受注管理、出荷や入荷管理、売上や仕入管理、債権債務、在庫管理、生産計画、手配計画、生産実績といった生産管理をシステム化できます。

オプションに、原価管理や外注管理があるほか、言語や通過、税種にマルチ対応するため、海外展開でも活用できるのです。

FutureStage

FutureStageは、日立が提供している生産管理システムで、製造業、卸売業、小売業を営む中小規模企業向けに開発され、販売開始から30年超のロングセラーを誇ります。

生産管理、販売管理、在庫管理、ロットやトレース管理、財務会計連携、スケジューラ連携、外部データやEDIデータの取込、ハンディターミナル連携などの管理ができるため、生産業務や販売業務をトータル管理できます。

Factory-ONE 電脳工場MF

Factory-ONE 電脳工場MFは、エクスが提供している生産管理システムで、販売開始から25年、導入実績1,500本の実績があり、中堅、中小製造業向けに広く活用されています。

生産計画の立案、受注、出荷、手配計画、在庫管理などの生産管理や請求、売掛、入金、仕入、買掛、支払などの販売管理を標準装備しており、バージョンもMRP版や製番管理版、ハイブリッド版など多彩です。自社に最適なシステムが導入できるでしょう。

AMMIC

AMMICは、アミックが提供する生産管理システムで、製造業向けの国産ERPソリューションです。

生産管理システムや原価管理システムなどの基幹システムと、供給補充管理システムや調達管理システム、業務アプリケーションやWeb版BIツール、収益管理などのオプションシリーズで構成されています。

特徴は、医薬品、化学品、化粧品、食品、精密機械、建築資材、食品など幅広い業界に導入できる柔軟性です。

生産管理システムには、いくつかの種類があります。導入を検討する際には、それぞれのシステムの特徴をつかみ、最適なシステムを選択しましょう