クオータ制とは?【メリットデメリットを簡単に解説】

議員や会社役員などの女性の割合を、あらかじめ一定数に定めて積極的に起用する制度のことをクオータ制といいます。女性の社会進出を後押しするだけではなく、男女ともに働きやすい社会をつくるきっかけにもなっています。

クオータ制とは?クオータ制と女性

クオータ制とは、政治において議員候補者の一定数を、女性と定める制度のことです。議員や会社役員に、一定数の女性を確保したい際に、あらかじめ割り当てを行います。

クオータ制の発祥地で知られるノルウェーでは、法制化によって一般企業にもクオータ制を導入し、女性の社会進出が大きく進んだことで知られています。安倍政権では、2020年までに国会議員や民間企業の管理職の女性の割合を、30%以上にする目標を掲げています。

また、それに伴い「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」を閣議決定し、平成28年10月から、制度が開始されることが決まっています。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは?

・1on1の進め方がわかる
・部下と何を話せばいいのかわかる
・質の高いフィードバックのコツがわかる

効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

クオータ制のメリット

日本は世界的にみても、女性議員比率が低いとされており、列国議会同盟(IPC)の調査によると、2014年の女性議員比率は世界平均が22.3%なのに対し、日本は約8.1%にとどまっています。

クオータ制を導入することで、今まで出産や育児というライフイベントで敬遠されがちであった女性の積極登用をさらに促し、企業の多様性を後押しすることがあげられます。

また、女性管理職を登用することで、女性のキャリアに対する問題が認識され、出産・育児・介護などのライフイベントに対する支援を見直す企業も増えてきています。社会問題になっている少子化を、企業全体で考える良いきっかけになったケースも多くあります。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

クオータ制のデメリット

「女性」という性別による判断だけで、役員の昇進や採用を決めてしまうと、「逆差別」にあたるのではないかという意見は依然根強くあります。実際、「女性である」という理由で、能力が多少低くても、クオータ制の目標を達成するために、昇進が決まるケースがないとはいい切れません。

しかし、あくまで「候補者の選定」の段階で、候補者数に女性の割合を一定にするのであれば、差別には当たらないといえます。数値目標だけが先走って、自由な競争や公平な人事評定ができなくなってしまわないよう、人事担当者は配慮をする必要があります。

また、中小企業の場合、女性の出産や育児期のライフイベントコストは、企業の負担として重くのしかかる現実があります。子育て中は、フルタイム勤務が難しいという女性も珍しくありません。

また、キャリアダウンやキャリアの分断を防ぐための施策は、企業の自主性に任されている部分が大きいのもデメリットといえます。男女問わず、優秀な人材が安心して働き続けることができる環境整備が、必要とされているのです。

クオータ制のQ&A

クオータ制とは、議員候補者や議席の一定数を「女性」に対して割り当てる制度です。 政治に限らず、たとえばビジネスの場面でも、会社役員の決定の際などに用いられています。 限りある席の一定数を女性のために確保したい意図がある場合に、あらかじめ割り当てが実施されます。
クオータ制の発祥地であるノルウェーは、法制化によって一般企業にもクオータ制が導入され、女性の社会進出が大きく進んだことで知られています。 日本は女性議員比率が低いとされており、列国議会同盟(IPC)の調査によると、2014年の女性議員比率は世界平均が22.3%なのに対し、日本は約8.1%にとどまりました。 クオータ制を導入することで、今まで出産や育児というライフイベントで敬遠されがちであった女性の積極登用を促し、多様性を後押しできるといわれています。
たしかに性別による判断だけでは、逆差別にあたる可能性が高まります。実際に、クオータ制における数値目標の達成が先行してしまい、「女性である」という理由だけで、能力が多少低くても昇進するなどのケースは企業で見られます。 対策の方法として、あくまで「候補者の選定」の段階で、候補者数における女性の割合を一定にする方法があります。自由な競争や公平な人事評定が阻害されないよう配慮しましょう。