オーナーシップとは? 部下のオーナーシップを育むリーダーシップ

オーナーシップとはなんでしょうか?オーナーシップのあるメンバーが揃う組織は、強いリーダーシップを持つリーダーがいる組織よりも発展するといわれています。オーナーシップの意味と、部下のオーナーシップを引き出すリーダーのあり方を考えます。

オーナーシップとは?

オーナーシップ(ownership)は、個人が仕事に向き合う時の姿勢、関係性を表す言葉です。自分の担当する仕事を、命じられたからやるという消極的な向き合い方ではなく、自分自身の課題として主体性をもって取り組む姿勢をいいます。

オーナーシップのある人は、仕事に対して自発的に動き、経営に対しても深い関心を持っているため、企業の一員として強い自覚を持っています。そして、今の組織のため、仕事ために何をすべきかを常に考えています。オーナーシップのある人は、企業への愛社精神も強く、離職率が低いことがわかっています。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をいますぐダウンロード⇒こちらから


【大変だった人事評価の運用が「半自動に」なってラクに】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

今管理職に求められるリーダーシップとオーナーシップ

カリスマ性と能力を兼ね備えているリーダーのもとで、部下が言う通りに動いてくれるのであれば、ある程度結果を残すこともできるでしょう。しかし、部下はリーダーシップのある上司の言う通りにしているうちに、主体的に考え行動し、先を見る力を失ってしまいます。

社会状況や経済状況が変わっていき、先が見えない今の時代に必要とされる上司の姿は、カリスマ性があってなんでも引き受けて判断を下したり、部下を引っ張るリーダーではなく、部下1人ひとりが自分自身で考え、先を読み、主体的に行動できるよう、オーナーシップを伸ばすことのできるリーダーです。

部下にオーナーシップが育っていくと、自分の業務について誰よりも詳しくなり、責任感も生まれるようになります。また、上司も部下の判断を尊重し、さらに責任の範囲を広げていくようになります。すると、部下は業務に対しての意欲が増し、思わぬ底力を発揮するようになります。これからの上司はそうやって部下のオーナーシップを育み、可能性を広げていくことが期待されています。

Excel、紙の評価シートを豊富なテンプレートで楽々クラウド化。
人事評価システム「カオナビ」で時間が掛かっていた人事業務を解決!
【公式】https://www.kanavi.jp にアクセスしてPDFを無料ダウンロード

部下のオーナーシップを育むには?

部下のオーナーシップを育むためには、エンパワーメント、つまりある程度部下に権限委譲をしていくことが大切です。自分自身で考え取り組める環境を作り、自分の仕事に責任や使命感を持つことで、オーナーシップは育まれます。

もちろん、エンパワーメントは、ただ任せていれば良いわけではなく、相談や報告を密にして、うまくいかない場合は上司としてフィードバックを与え、目標達成に向けて軌道修正を行うことが必要です。

また、古い体質の企業では、上司から部下へのエンパワーメントに拒否反応が出る可能性もあります。人事部としても、オーナーシップの大切さや、エンパワーメントの必要性などを管理職研修などで取り上げ、組織に浸透していくよう努めていく必要があります。

エンパワーメント(権限移譲)とは? ビジネスの効果、組織づくり、導入事例
エンパワーメント(empowerment)とは、「権限を与えること」「自信を与えること」「力を付けてやること」などの意味を持つ英単語。 しかし、企業経営や障害者福祉、人権など、特定の文脈で用いられる場...

オーナーシップのQ&A

オーナーシップ(ownership)は、仕事に向き合うときの姿勢や関係性をあらわす言葉です。 組織内における自分の担当する仕事について、命じられたからやるという消極的な向き合い方ではなく、自分自身の課題として主体性をもって取り組む姿勢のことを指します。
オーナーシップを持つ人材は、企業に対する愛社精神が強く、離職率も低いことがわかっています。 仕事に対して自発的に動き、経営に対しても深い関心を持つため、企業の一員として強い自覚を持つでしょう。 また、オーナーシップの厚いメンバーがそろった組織は、強力なリーダーシップを発揮するリーダーがいる組織よりも発展するといわれます。
リーダーシップとは、組織において目標を定め、チームをつくり、成果を出す能力のことです。チームを先頭で引っ張り、指揮を執る人材をリーダーと呼びます。 一方でオーナーシップとは、部下が育むべき能力といえます。メンバーが与えられた自分の役割や仕事内容について積極的に向き合う姿勢を問われるからです。