オフショア(オフショアリング)とは? オフショア開発のメリットと課題

オフショア開発を活用することで、コスト削減をしている企業は多くあります。今回は、人事担当者が知っておきたいオフショア開発のメリットや課題について紹介します。オフショア開発の導入を検討している場合は、参考にしてください。

「オフショア(オフショアリング)」とは?

オフショア(オフショアリング)とは、海外に全部、または一部の業務を委託することをいいます。アウトソーシングと混同されがちですが、アウトソーシングは国内外問わずに社外に業務の一部を委託することを指します。

オフショアリングは、通信費や人件費を削減できるのが利点ですが、品質の低下や、言葉の違いによりコミュニケーションが取りづらいなど、問題面もあります。

民間企業だけではなく、アメリカでは20年以上前から行政の一部にオフショアを活用しています。日本企業もまた、オフショアを活用する企業が年々増えてきており、少子高齢化の影響で人材不足に悩む企業が、海外で労働力を確保する動きが活発化しています。

タレントマネジメントがすぐはじめられるクラウドツール

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

> カオナビについて詳しく見る

オフショア開発のメリット

オフショア開発のメリットは、人件費や物価の安い海外で開発を行うことで、開発コストを大幅に下げることができる点です。人件費が安いということは、優秀な人材を日本よりも安価で雇用することも可能です。

そのため、人材確保に悩む企業の中には、オフショア開発を通じて海外で積極的に労働力の確保をするケースも多くなっています。特にプログラマーやエンジニアは、ベトナムなどの新興国を中心に人気を集める職業のひとつであり、優秀な人材が多いだけではなくその技術力の高さも評価されています。

そして、オフショア開発のもうひとつのメリットとして、「海外展開を視野に入れた開発ができる」点があげられます。少子高齢化が進行し市場が狭くなっていく国内だけではなく、世界という大きなマーケットをみることができるのは大きなメリットといえます。

オフショア開発の課題

オフショア開発で注意したいのが、コントロールです。単に仕事の進捗を管理するだけではなく、言葉の壁や文化の違いを理解し、コミュニケーションを密に取ることが仕事を円滑に進めるために重要なポイントといえます。

国や地域によって、得意な言語やプロダクトが異なるのも注意したい点です。また、情報管理に関しても、リスクが高いとされています。そしてオフショア開発では、人材育成が難しいといった課題もあります。

長年オフショア開発は、そのコスト削減効果が大きなメリットとされてきましたが、経済成長を遂げる国の中には、進出当初と比較して現地の人件費などが上昇している国もあります。

つまり、コスト削減効果があまり期待できなくなってしまったのです。コストダウンを考えた場合、何をオフショア開発するのか、国内ではどんなことを行うのかを明確にし、工数と費用のバランスをみることが大切です。