競業避止義務とは? 同業他社の転職・退職後の独立はできる? できない?

従業員が自社の業務を通して知り得た機密や経験、ノウハウの流出を防ぐ事は、市場での優位性の維持や企業の危機管理において、重要な課題です。競業避止義務について、人事部門の視点でそのポイントをご紹介します。

競業避止義務とは?競業避止義務の期間と一般社員、取締役に対する法的根拠

競業避止義務とは、労働者は自らが勤務する企業の競業行為を行ってはならないという義務の事です。競業行為とは、自社と競合する企業に就職する、または自らが競合する会社を設立するなどの行為です。競業避止義務の法的根拠としては、一般社員においては、労働契約の信義誠実の原則として競業避止義務があるとみなされます。

取締役は会社法第365条によって、取締役会設置会社においては「競合取引」「利益相反取引」をしようとする取締役は、「取締役会」に重要な事実を開示し、「取締役会の承認」を受ける事、その取引をした取締役は、取引後、遅滞なく取引についての重要な事実を「取締役会に報告」する事が義務付けられています。

人事評価の作業をラクにするには?

人事評価や目標管理でお困りではありませんか?評価システム「カオナビ」を使えば以下のお悩みが解決します!

●紙やExcelで運用で時間がかかりすぎる
●評価の進捗が見えない
●ファイル管理が煩雑になっている
●評価をする時間が取れない

カオナビで人事評価の業務時間を削減する
    https://www.kaonavi.jp

競業避止義務の目的と注意点(職業選択の自由)

競業避止義務の目的は、経営上重要とされる機密やデータ、自社の業務や教育から得られた経験やスキル、ノウハウ、人脈等が競合先に利用される事、従業員自らが競合先となる事で、市場の優位性を失う事です。それが結果的に企業の存続危機を招く事に繋がります。自社の強みを失うという事は、業績の悪化という形で現れますが、これは言い換えると市場の中でその企業の存在価値が無くなる事を意味します。

つまり、従業員の経験やスキル、ノウハウ、人脈等は企業が存続するための要であり、それを競合先から守る事は企業のリスク管理の中でも最重要課題と言えます。しかし、憲法では職業選択の自由を保障している事から、従業員の退職後の再就職に関して不当に制限する契約は「公序良俗違反」とみなされ、無効になります。そのため、従業員に対して退職後も競業避止義務を求める場合は、その扱いは慎重に行う必要があります。

競業避止義務に関する人事部門の留意点(就業規則、誓約書)

労働者の立場で考えると、これまでの自身の経験やスキルを活かして、より良い条件での再就職を目指すのは当然の事です。また、憲法上も職業選択の自由は保障されています。そのため、在籍中は別として、退職後まで不当に競業避止義務を負わせるのは法律上も問題があり、労働者本人にとっても納得がいかない事です。

また、在籍中の労働者においても、競業避止義務に関して何がそれに該当するのか、その義務を怠る事でどのような問題があるのか、しっかりと理解をしておかなければ、その義務を果たす事はできません。そのため、人事部門としては競業避止義務について労働者に周知徹底する事が求められます。その方法は研修や社内への啓蒙はもちろんですが、まずは就業規程や誓約書を整備し、自社のルールを明確にする事が大切です。

なお、退職後にも競業避止義務を求める場合は、憲法で保障されている職業選択の自由を配慮した上で就業規程や誓約書を作成する必要があります。具体的には、競業避止義務の目的や必要性、業務の範囲、期間、義務を怠った場合の代償の有無など、第三者が正当と判断できる項目や法的な根拠を盛り込む必要があります。このように人事部門は競業避止義務に関しては留意点をよく理解した上で対応する事が求められます。