マザーズハローワークとは? マザーズハローワークのメリットとハローワークとの違い

「主婦の採用時にどこで募集をかけたらいいのかわからない」という時におすすめなのが「マザーズハローワーク」です。今回は、求職中の方からも、採用側にもメリットのある、マザーズハローワークについてご紹介します。

マザーズハローワークとは

主に子育て中の方を対象とした、ママ専門のハローワークが「マザーズハローワーク」です。子育てが一段落した家族や子育て中でない方も利用は可能ですが、女性であることが条件となっています。

マザーズハローワークは、子どもを連れていきやすい環境が整えられているハローワークです。子どもの遊び場が相談窓口の後ろに設置されていたり、授乳室やおむつ替え台があったりと子連れにやさしい環境となっています。そんなマザーズハローワークは、現在全国21ヶ所で開所されています(※)。(平成27年10月現在 参考:はじめての方へ | マザーズハローワーク東京


【社員の管理に、お困りではありませんか?】

「カオナビ」は使いやすさで選ばれる、人材管理システムです。多様化する社員の個性も一目で把握、活用が進む人材マネジメントを実現します。

⇒ カオナビってどんなツール?

マザーズハローワークとハローワークの違い

マザーズハローワークとハローワークの違いは対象者だけではありません。主な違いと特徴を3つのポイントにまとめました。

・対象者の違い
もっとも大きな違いが、対象者です。ハローワークがすべての求職者に門戸を開いているのに対し、マザーズハローワークは女性限定となっており、特に子育て中の求職者が主な対象となっていることもポイントです。

・求人情報の違い
ハローワークに集まるすべての仕事の情報が、マザーズハローワークでも公開されています。しかし、マザーズハローワークではそれと同時に「仕事と子育ての両立に理解ある企業」からの募集を受け付けている場合もあり、労働意欲のある主婦と主婦を採用したい企業をマッチングさせるハローワークだといえます。

・求人検索項目の違い
利用者が自分で作業できるパソコンで、ハローワークでは選択できない「子育て中の主婦にとって重要な項目」にチェックを入れて検索することが可能なマザーズハローワークもあります。企業にとっては、主婦でも働きやすい環境を整えてマザーズハローワークの求人を出しておくことで、応募を見てもらいやすくなるという大きなメリットがあります。

結婚や出産によって退職をした女性の再活躍に注目が集まっています。求職活動を行う主婦にとってメリットの大きいマザーズハローワークですが、実は、こうした女性を採用したい企業にとっても大きなメリットになっています。

人事としては、募集をかけるとなった時に、求職中の主婦が集まるマザーズハローワークへ求人を出すことで、ピンポイントで人材を確保することが可能になります。

そのため、主婦の活用を考えているなら、マザーズハローワークを最大限活用することが、効率の良い採用活動のポイントとなっていきます。主婦を採用したい時に、企業の強い味方にもなり得るマザーズハローワークの存在は覚えておくと良さそうです。