モラールサーベイ(従業員意識調査)とは?目的、メリット、進め方、注意点

社員は給料良し悪しだけで働いているわけではありません。職場環境に満足しているかでやる気になったり、やる気を失ったりしています。そこで今回は、社員の本音や満足度を図る、モラールサーベイ(従業員満足度調査)の意味とその目的について取り上げます。

モラールサーベイとは?

モラールサーベイのモラール(moral)は、英語で軍隊や国民の士気・意気込み・気力という意味があり、モラールサーベイは「従業員満足度調査」などと呼ばれています。

従業員が会社や職場の環境(仕事の中身、上司や同僚との人間関係、給与や福利厚生等)について、どのような点にどのくらい満足していて、またどんな問題意識をもっているかを把握する調査のことです。

この調査をすることで、従業員のモチベーションを上げるものが何で、従業員のやる気を阻んでいるものが何かがわかってきます。米国で軍隊の士気を高める目的で開発され、それが産業界へと広がっていき、日本でも1950年代半ばに導入されました。現在は、さまざまな形のモラールサーベイが作られ、使用されています。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは?

・1on1の進め方がわかる
・部下と何を話せばいいのかわかる
・質の高いフィードバックのコツがわかる

効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

モラールサーベイの必要性

社員ひとりひとりの本音はなかなか探ることができません。組織の中にいると、人と違う意見を言えない雰囲気があるものです。また、本人もまだ気づいていない不満や問題がある場合もあります。そういう小さな不満や問題を放置してしまうと、社員に離職を決意させることにもなりかねません。

モラールサーベイは、満足度や問題意識をアンケート形式で調査分析していきます。調査は無記名で実施され、最近ではWEBで回答できるタイプが増えてきています。モラールサーベイを実施により、職場に潜む問題点を発見できます。

モラールサーベイは、継続して実施していくことが大切です。もちろん、ただ実施するのではなく、その後の改善策を策定して実行に移し、それにより社員の満足度の変化をチェックしていくことが大切です。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

モラールサーベイ実施の注意点

モラールサーベイを実施する際の注意点をご紹介します。

❶社員にモラールサーベイの目的を伝えた上で実施する

社員が調査の目的を知らなければ、適当に回答してしまう可能性があります。「調査結果をもとに職場環境を改善し、社員が働きやすい組織を作りたい」という会社の目的を伝えた上で、モラールサーベイを実施しましょう。

❷誰が回答したかわからないよう、匿名性を守る

たとえば、熱い性格の上司の下で、一致団結しているチームがあったとして、もしかしたらその中に1人だけ「暑苦しくてこんな環境いやだ」と思っている部下がいるかもしれません。

しかし、皆が上司を慕い和気あいあいとした雰囲気の中では、1人だけそれを否定するわけにもいかず、苦痛を隠して笑っているかもしれません。そういう隠れた本音を引き出すためには、回答者がわからないように匿名性の確保をし、安心して回答できるよう環境を整備しなければなりません。

❸モラールサーベイ実施後は結果分析をきちんと社員に知らせる

モラールサーベイの結果や分析が終わったら、なるべく早く社員とその内容を共有しましょう。そして、その結果により、会社としてどのようなことを改善していくのかをきちんと知らせ、実際に改善していくことが大切です。