モラハラ(モラルハラスメント)とは? 意味、モラハラの影響、事例、対処法について【加害者・被害者になりやすい人の特徴】

職場や家庭におけるモラハラ(モラルハラスメント)という言葉を聞く機会が多くなってきました。

ここでは、

  • モラルハラスメントの意味
  • パワハラとの違い
  • DV防止法について
  • 受けた際の影響やそれによって起こる症状
  • 加害者や被害者になりやすいタイプ
  • 職場での事例
  • 対処法
  • 相談手順
  • 職場のモラハラ被害を少しでもなくすための心掛け

などについて見ていきます。

目次

1.モラハラ(モラルハラスメント)とは?

モラルハラスメントとはモラル(道徳)による精神的な暴力や言葉や態度による嫌がらせのこと。モラルハラスメントを略してモラハラと呼び、モラルハラスメントのモラルは、道徳を意味しています。

職場でのモラルハラスメントは、

  • 上司と部下
  • 同僚同士

といった関係の中で起こることが多いようです。また、

  • 加害者意識が低い傾向がある
  • 加害者が意識しないうちに業務上妨害行為、人格否定などを特定の被害者に行って精神的に苦痛を与えてしまう
  • 被害者以外は問題に気が付きにくい
  • 問題が表面化した際、被害者が退職や休職に追い込まれているケースも

といった特徴があります。

モラルハラスメントが起こる職場は、

  • 離職率が高くなる
  • 社員の仕事に対するモチベーションが低下する

といった悪影響があり、企業としても個人の問題として片付けられないものになっているのです。

提唱者:マリー=フランス・イルゴイエンヌ

モラルハラスメントは、傷などの外傷によって顕在化しやすい肉体的暴力と異なり、言葉や態度による精神的な暴力や苦痛です。そのため潜在的なものとして認識すらされていませんでした。

そんな中、フランスの精神科医、マリー=フランス・イルゴイエンヌが初めてモラルハラスメントを提唱し、モラルハラスメントの存在や特徴が広く知られるようになったのです。

モラルハラスメントは、言葉や態度などによる嫌がらせのこと。加害者意識が低いことが問題を複雑化しています。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

2.ハラスメントの意味

ハラスメントという言葉は、英語で「 harassment」と記します。ハラスメントは、

  • 特定、不特定多数を問わず、相手を困らせ不快にすること
  • 実質的な損害や精神的なダメージを与えるといった嫌がらせ
  • 何らかの行為に対し、不快感を示すこと

といった一般的なモラル欠如の行為の総称としての意味を持ちます。

モラハラとパワハラの違い

モラルハラスメントと類似した言葉に、パワーハラスメントという言葉があります。

厚生労働省はパワーハラスメントを、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義しています。

それに対し、モラルハラスメントは職務上の人間関係に限定しておらず、家庭における夫婦間の関係などでも発生するのが特徴です。

パワハラは職務上の優位性が背景となった嫌がらせであり、モラハラは職場に限定されず家庭でも発生するものです。

3.DV防止法(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律)

内閣府男女共同参画局の定義によると、DV防止法とは、配偶者からの暴力に係る通報、相談、保護、自立支援等の体制を整備し、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護を図ることを目的とする法律です。2001年4月に成立しました。

DV防止法の第1条には「配偶者からの暴力」を、

  1. 配偶者からの身体に対する暴力(身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすもの)
  2. ①に準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動

と定義しています。ここでは、モラルハラスメントの特徴である精神的暴力も、法律上では暴力の一つと定義されているのです。

2001年4月に成立したDV防止法は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律となっています。

4.モラハラを受けた場合の影響

モラルハラスメントの被害に遭ってしまった際の影響は、非常に大きいです。

  1. 心身症
  2. うつ病
  3. ストレスによる適応障害
  4. 心的外傷後ストレス障害 (PTSD)

①心身症

1つ目は、心身症の発症です。心身症とは、ストレスの影響が身体の不調に現れる病態名のこと。

「心」という漢字が使用されていることから「こころの病」と誤解されやすいのですが、ストレスの蓄積によって身体に病態が現れた状態のことを指しているのです。

病態が現れる箇所には個人差が大きく主に、

  • 循環器系
  • 呼吸器系
  • 消化器系
  • 神経系
  • 泌尿器系

などに症状が現れます。

②うつ病

2つ目は、うつ病です。

  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 気持ちが一日中落ち込む
  • 何もする気が起きない

といった症状が継続している場合、うつ病の可能性は否定できません。うつ病は、精神的、身体的ストレスによって引き起こされる脳の機能障害。

うつ病になると、脳が正常に働かないために、

  • 物の見方、考え方が否定的になる
  • 自分がダメな人間であると思い込んでしまう
  • ストレスをより辛く感じてしまう

という悪循環に陥ります。しかし現在では、

  • 投薬治療
  • 認知行動療法

などが効果的と分かっています。

③ストレスによる適応障害

3つ目は、ストレスによる適応障害です。適応障害とは、特定の状況や出来事が当人にとって耐え難い苦痛に感じられることによって、心身や行動に症状が現れるもの。

  • 憂鬱な気分
  • 不安感
  • 焦り
  • 緊張
  • 涙もろくなる
  • 汗をかく
  • めまい
  • 神経過敏による過剰反応
  • 無断欠席
  • 暴飲暴食
  • 喧嘩
  • 破壊行動

などが特徴です。ストレスによる適応障害はうつ病と異なり、原因となっているストレスから自分の身を切り離すことができたり、環境が変わったりすれば症状は改善していきます。

しかし、ストレスを取り除けない状況下にあると、症状の慢性化が危惧されるのです。そのような場合、カウンセリングを活用してさまざまな環境に対する適応力を身に付けるといった治療法も有効とされています。

④心的外傷後ストレス障害 (PTSD)

4つ目は、「Post Traumatic Stress Disorder」いわゆる「PTSD」と略される心的外傷後ストレス障害。これも、モラルハラスメントの被害の影響の一つです。「PTSD」は、1980年に米国の精神医学会が診断基準として初めて用いたもので従来は、

  • 外傷神経症
  • 災害神経症

といった診断名が用いられていたのです。心的外傷後ストレス障害とは、

  • 生死にかかわるような身の危険にさらされる
  • 死傷現場を目撃する

といった強い恐怖を感じることで、

  • 心の深い傷、すなわちトラウマとなる
  • その時の記憶や恐怖を何度も思い出し続ける

といった病気のこと。恐怖を感じる経験をした直後は誰でもその恐怖を思い出します。一般的には、時間が心の傷を解決してくれ、恐怖体験も過去のこととして認識され、記憶の整理がつくでしょう。

しかし、心的外傷後ストレス障害の場合、

  • 1カ月以上トラウマが想起され続ける
  • 生活面にまで悪影響を及ぼす

といったことが起きやすいのです。

モラルハラスメントの被害の影響には、心身症、うつ病、ストレスによる適応障害、心的外傷後ストレス障害などがあります。

5.モラハラの加害者・被害者になりやすい人の特徴

モラルハラスメントは、加害者・被害者の相互関係によって生じます。またモラルハラスメントの加害者・被害者の双方に、地域や年齢などを問わずそのどちらかになりやすいという特徴があると分かっているのです。

モラハラ加害者の特徴と傾向

一見してもそんな心の闇を抱えているということは分かりませんが、モラルハラスメントの加害者の多くが、

  • 自己愛が強い
  • 心のどこかで劣等感を抱いている

という矛盾する一面を持っています。

「自分のやっていることは間違っていない」という強い意識を持ちつつ、その一方で「どうして思うようにならないのか」と自分自身に不安を感じているのです。自分の中の意識の乖離から、相手に攻撃的な態度を取ってしまうことが分かっています。

具体例

モラルハラスメント加害者の具体的な例は以下の通りです。

  • 自分の要求が通らないと無視や無言を続ける
  • 物に当たり、怒りをあらわにする
  • 自分の非を認めず、原因を人のせいにする
  • 言葉で責めて、相手の心を集中攻撃する
  • 自分は良い人間であることを過度にアピールする
  • モラルハラスメントの行為そのものが、普通のことだという認識を持っている
  • 相手を自分の思い通りに動くようにアメとムチを使い分ける

モラハラ被害者の特徴と傾向

モラルハラスメントの被害者の特徴は、

  • 自己主張が苦手
  • 謙虚
  • 素直で真面目
  • 場の雰囲気を読んで相手に合わせてしまう
  • 他人への配慮ができる
  • 自分に自信がなく、自己評価が低い
  • 責任感が強い
  • 他人のために自分を犠牲にできる
  • 自分が悪いのではないかと不安になり、いつも反省してしまう

モラルハラスメントの加害者から攻撃を受けても、「自分が悪かったのではないか」と思い込んでしまうことがモラルハラスメントをエスカレートさせてしまうのです。

具体例

モラルハラスメントの被害者の具体的例として、

  • 相手からの攻撃に対し、「私のほうが間違っているのかもしれない」と思い込んでしまう
  • 無視と優しい行動を繰り返されることで、「いつかはまた優しくしてくれる」と相手を信じてしまう
  • 攻撃的な行為をしてしまう加害者に対して、同情や理解の気持ちで接してしまう
  • 暴言を吐かれても、それについて「やめてほしい」という意思表示を強くできない

といったケースが多くあります。

モラルハラスメントの加害者、被害者はそれぞれ性格や考え方に特徴があると分かっています。

6.職場で問題となるモラハラの事例・具体的内容

職場で問題とされるモラルハラスメントには、

  • 評価を過小に行う
  • プライベートにまで介入する
  • チーム内で特定の個人を仲間はずれにする
  • 話しかけられても無視をする
  • 相手を馬鹿にしたような発言をしたり、視線を送ったりする
  • 冷笑する
  • 仕事に関して必要な情報を提供しない
  • 誹謗中傷したり、悪口を陰で言ったりする

などがあります。

職場でモラハラが発生する原因

職場でモラルハラスメントが発生する理由として、

  • モラルハラスメント自体が当事者間の問題として放置されている
  • なかなか表面化しないため、問題そのものの発見に時間がかかる
  • さまざまな価値観を持った社員がいるため、ストレスの原因をモラルハラスメントに特定することが困難である

などが考えられます。

モラルハラスメントは当事者間の問題として認識されることが多いため、管理監督者が問題に気付かず現場での対応が遅れ、人事の介入もままならない状態で放置されることも多いのです。そのためストレスの原因がモラルハラスメントだと特定するのにも時間がかかります。

職場でのモラルハラスメントには、

  • モラルハラスメントに対して人事的なサポートを積極的に行う
  • 医療関係者と連携してカウンセリングを強化する
  • 社内規定でモラルハラスメントへの罰則を規定、強化する
  • 社員向けの研修を継続的に実施する

などの対策を取る必要があります。

職場でのモラルハラスメントは、当事者同士の問題と認識されてなかなか表面化しにくい、という問題点があります。

7.家庭で問題となるモラハラの事例・具体的内容

家庭でのモラルハラスメントには、

  • 配偶者を強い口調で追い詰める
  • 暴力は使わず、代わりに暴言を吐く
  • 相手の存在や希望、要求などを一切認めない
  • 嘘をつく
  • 自分の非を認めない
  • 配偶者を異常に束縛する
  • 子どもに対して配偶者の悪口を吹き込み、一種の洗脳状態にする
  • 異常に細かいことを気にする
  • 欲が深い

などがあります。

夫からモラハラを受けたら離婚できる? 相談場所は?

平成27年度の司法統計によると、婚姻関係での調停において、「モラルハラスメント(裁判所では精神的に虐待するという表記)」が原因で離婚したいとした件数は、1位の性格が合わない(30,280件)に次ぎ、第2位(15,604件)と、非常に高い割合です。

モラルハラスメントの中には、証拠を積み上げることで慰謝料を取って離婚できるケースもあります。まずは、弁護士など専門家に相談してみてください、

家庭でのモラルハラスメントは外部からは発見されにくいため、自分から専門家に相談するなどアクションを起こしましょう。

8.モラハラに対する基本的な対処方法

モラルハラスメントは、できるだけ速やかに解決することが望ましい問題です。多くのケースに共通するモラルハラスメントに対する基本的な対処方法2つを説明します。

  1. 加害者と距離を置く
  2. 第三者を交えて話し合う

①加害者と距離を置く

1つ目は、相手から離れること。そばにいる限り被害者は精神的なダメージを受け続け、最終的には心身の病にかかってしまうこともあります。まずは、これ以上ダメージを受けないためにも、モラルハラスメントの加害者から距離を置きましょう

加害者は、自分が加害者だという意識を持っていない場合も多く、改心を待っていても思うようにはいきません。物理的な距離を置くことで、自分を守るのです。

②第三者を交えて話し合う

2つ目は、第三者を交えた話し合いの場を持つこと。加害者から物理的に距離を置いた後、お互いの気持ちが落ち着いた段階で、今後について弁護士や調停委員など第三者を交えて話し合います

決して当事者間の話し合いで無理に解決してはいけません。モラルハラスメントの加害者は、そう簡単に改心することはないのです。

モラルハラスメントの対処方法は、被害者が加害者と距離を置き、第三者を交えて話し合いの場を設けることです。

9.裁判で有効になるモラハラの証拠収集の方法

裁判で有効になるモラルハラスメントの証拠収集の方法があります。

  1. 日記などで記録をつける
  2. ICレコーダーなどで言動を録音する
  3. メールやLINEの内容を保存する
  4. 相手から渡された指示書やメモを保存する

①日記などで記録をつける

1つ目は、日記などで記録をつけること。弁護士などの専門家に相談しても「記録をつけてください」とアドバイスをもらうことが多いです。

日記は毎日記すため、後から捏造することが難しいと考えられ、記述は有効な証拠になります。できる限り毎日起こったことを詳細に記録すれば、証拠としての価値は高まります。

②ICレコーダーなどで言動を録音する

2つ目は、ICレコーダーなどで加害者の言動を録音しておくこと。暴言が多くあるモラルハラスメントの場合、日記などに暴言を書き連ねるより、暴言を録音したほうが直接的な証拠になるのです。

ICレコーダーは家電量販店などで販売されていますし、ネットでも購入できます。録音していることが加害者に知られるとさらなる被害を招くことにもなりかねないので、慎重に録音してください。

③メールやLINEの内容を保存する

3つ目は、メールやLINEの内容を保存しておくこと。加害者は、一見、感じの良い印象を周囲に与えますが、個人的なメールやLINEなどで攻撃、暴言、束縛の内容を送りつけてくることも多いです。

  • スクリーンショット
  • バックアップ

を活用して、相手からのアクションを確実に証拠として保存しておきましょう。

④相手から渡された指示書やメモを保存する

4つ目は、相手から渡された指示書、メモなどの保存。

モラルハラスメントの加害者は暴言を吐くだけでなく、指示書やメモなどに高圧的な内容を書き渡すこともありますが、それらは立派な証拠になります。相手の異常で非常識な内容が書き連ねてあるものも捨てずに取っておきましょう。

モラルハラスメントの証拠収集には、日記、ICレコーダー、メール、LINE、指示書やメモを利用します。

10.会社でモラハラを受けたら? 相談手順

会社でモラルハラスメントを受けた場合、どの段階でどの窓口に申し出たらよいのでしょう。モラルハラスメントを上手に解決するための手順を説明します。ケースに応じた対応の参考にしてください。

  1. 社内の上司などに相談
  2. 都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)に相談
  3. 弁護士に相談

①社内の上司などに相談

会社でモラルハラスメントを受けた場合、まずは社内で相談できる人物に相談します。

たとえば、

  • 上司
  • 人事部

など。誰にも話さないままでは、モラルハラスメントをエスカレートさせる可能性もあります。加害者のことを知っている上司なら話も早いでしょう。人事部は、モラルハラスメントに対処するノウハウを持っているかもしれません。

②都道府県労働局(労働基準監督署、公共職業安定所)に相談

会社でのモラルハラスメントに対して、

  • 上司や人事部に相談しても解決しない
  • 社内の人間には話しづらい

といった場合は、

  • 都道府県の労働局
  • 労働基準監督署
  • 公共職業安定所

といった労働問題を管轄する公的機関に相談しましょう。労働問題のノウハウがあることはもちろん、労働者保護の観点から専門家に相談に乗ってもらうことも可能です。

③弁護士に相談

会社でのモラルハラスメントを弁護士に相談するという方法もあります。弁護士に相談すれば、自身の代理として加害者に対して警告を出すことができるのです。

モラルハラスメントの程度や証拠の有無によっては、加害者に対して慰謝料を請求できる場合もあります。弁護士費用はかかりますが、専門家を代理人に立てるメリットは多いです。

会社でのモラルハラスメントは、まずは上司や人事部、それでもだめなら、労働局などの公的機関、弁護士などに相談しましょう。

11.職場のモラハラ被害を少しでもなくすには

職場のモラハラ被害を少しでもなくすには、

  • 人事部が中心となって風通しの良い社風をつくっていく
  • 社員一人ひとりがさまざまなハラスメントに関心を持つ

などが欠かせません。社員同士が話しやすい職場環境では、お互いを理解し信頼し合える関係が構築できます。共有のSNSやITツールを使って気軽に話ができれば、問題が大きくなる前に悩みを相談できるきっかけもつくれます。

また、モラルハラスメントに限らず社員がさまざまなハラスメントに関心を持ち意識を高めることで、「これはモラルハラスメント?」と考え、立ち止まる機会をつくることもできるでしょう。

モラルハラスメントは、職場のサポート体制の確立や社員一人ひとりの意識改革によって予防可能な問題なのです。