【職場】メンタルヘルスとは?義務化されたストレスチェックと対策方法

ストレスの多い現代社会では、企業においても社員の健康管理は身体面だけではなく、心の健康へのフォローが必要となっています。企業のメンタルヘルス対策、メンタルヘルスマネジメントについて考えます。

メンタルヘルスとは?

メンタルヘルスとは心の健康を意味しています。ストレスの多い日本の社会では、近年うつ病やパニック障害などの心の病気を発症する人が増え、心の健康維持の難しさからメンタルヘルスマネジメントが重要視されるようになりました。職場でも社員に大きなストレスやプレッシャーがかかるようになり、心の病気で休職や退職を余儀なくされる社員も増えています。企業は社員の身体の健康管理だけではなく、メンタルヘルスにおいてもしっかりと対策を打つ必要があります。


【大変だった人事評価の運用が「半自動に」なってラクに】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

企業におけるメンタルヘルスマネジメントの導入

企業において、社員が過度のストレスからうつ病やパニック障害などを発症することは、企業にとって大変な痛手です。社員が心身ともに健康に過ごせる職場環境を作ることが生産性を上げることにもつながります。そのためには、企業としてメンタルヘルスマネジメントをしっかり行うことが大切です。

心の病気を発症して労災認定を受ける労働者の増加から、厚生労働省では労働安全衛生法の一部を改正、労働者が常時50名以上の事業所においては年に1度のストレスチェックが義務付けられるようになりました。

メンタルヘルス対策として企業に義務付けられたストレスチェックとは?

人事権を持つ人事部スタッフはストレスチェックの実施者や実施補助者にはなれません。産業医や、保健師、精神保健福祉士等の資格者が実際にストレスチェックの実施をし、データ入力などの補助業務は人事権のない事務部門のスタッフが行います。

内部に産業医や保健師がいない場合は、外部機関を利用することも可能です。高ストレスがかかっていると判断された社員は、本人の希望があれば産業医と面談ができ、職場環境などの改善が図られます。

ストレスチェックとは? 実施方法、義務化の背景、罰則の詳細(労働安全衛生法)
ストレスチェックは、労働安全衛生法の改正によって50人以上の労働者がいる事業場で義務付けられた検査です。 定期的に労働者のストレスをチェックすることで、労働者が心身の状態に気付き、メンタルヘルスの不調...

企業のストレスマネジメントの目的と対象

大阪商工会議所が実施しているストレスマネジメント検定を参考に、企業でのストレスマネジメントのあり方について紹介します。

企業のストレスマネジメントの目的は3つあります。

  1. 心の病気の発症を未然に防止して健康増進する
  2. 心の病気を発症した、あるいはしそうな社員を早期に発見して対処する
  3. 心の病気を発症した社員の治療、休職、職場復帰に対応する

マネジメントの対象も個人向けから企業全体へと3つに分かれています。

  1. 社員個人がストレスマネジメントのセルフケアをしやすくする
  2. 社員個人だけでなく、その上司も加わり職場環境そのものを改善する
  3. 企業として全社員の心の健康を図るストレスマネジメントの計画を立てる

これらの目的と対象を見極め、人事部は率先して心身ともに健康で働きやすい職場環境作りを進めていく必要があります。産業医と連携を取り、心の病気を発症した社員個人が医療的援助を受けやすい環境を整えていくことが大切です。企業全体としての計画を立て、社員の心の健康づくりを推し進めていきましょう。