ナレッジワーカー(知識労働者)とは? ナレッジワーカーとマニュアルワーカーの違い

知識労働者とも呼ばれる「ナレッジワーカー」は、「マニュアルワーカー」のモノづくりに対して、知的生産物の創造に携わる労働者のことです。人事が知っておきたい、ナレッジワーカーとマニュアルワーカーの違いや、知的労働者の活用法をご紹介します。

ナレッジワーカー(知識労働者)とは

知識を扱うナレッジワーカーは、「知識労働者」とも呼ばれます。ナレッジワーカーは肉体労働ではなく、自らの知識によって企業や社会に貢献する労働者のことで、社会学者・経済学者として知られるピーター・ドラッカーが提唱しました。

従来の形ある「モノづくり」から、形の見えない知的生産物を想像する業務に携わる労働者が多くなったことによるものです。ナレッジワーカーの特徴としてドラッカーは、知識労働者は賃金よりも社会的な認知や貢献というステータスを重んじるという指摘をしています。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

ナレッジワーカーとマニュアルワーカーの違い

ナレッジワーカーと対照的に語られることの多い「マニュアルワーカー」は、定められた手順(マニュアル)の通りに働くワーカーのことです。

与えられた仕事を効率よくこなすことを第一の目標とするマニュアルワーカーは、主に大量生産の時代の製造業に求められる労働者像でした。

単に働く時間や量が多ければ多いほど、生産性があがる高度成長期には、教育もまた生産と同様に効率化され、画一的で組織にとって活用しやすい人間をマニュアルやOJTで育てることが目標とされました。

「モノづくり」の基幹を支えたマニュアルワーカーですが、技術の進歩により、その仕事はロボットなどの機械に変わることが増えてきました。

生産性と効率性をあげることを考えると、機械に人間がかなうことはないといえます。そこで、マニュアルワーカーからナレッジワーカーへのシフトが見られるようになってきたのです。

ナレッジワーカーの活用法について

ナレッジワーカーに求められる知識とは、単なるデータの集結ではなく、情報を収集・分析し判断材料となり得る指標にしたものです。

また、知識だけではなく、経験やプロセスを経た「知恵」を持つことも重要なポイントです。これらの知見を有した知識労働者を活用するためには、目標を明確にするだけではなく、責任を与えて専門分野に敬意を払うことも大切です。

つまり、ナレッジワーカーが働きやすい環境を整備できるリーダーが、正しいマネジメントを行う必要があるのです。このようなナレッジワーカーを上手に活用するために、人事は組織構築の配慮を行うだけではなく、ナレッジワーカーの特性を捉え、自由な発想を妨げないように配慮をするようリーダーに指導をするべきです。

ナレッジワーカーは、オフィスにこもって仕事をするイメージを持ちがちですが、時間的や空間的な制約に縛られることなく、自由なワーキングスタイルで独自の発想を生み出すナレッジワーカーも多くいます。

リーダーの知的生産への理解と評価がないと、いい人材を活用しきれないこともあるので注意しましょう。