「インターンシップ」とは?|インターンシップの目的と受け入れ成功のポイント

Pocket

近年、大学1、2年生からインターンシップに積極的に参加する学生が増え、受け入れ側の企業も年々増加しています。ここではインターンシップについて、その目的や受け入れ成功のポイントを紹介します。

インターンシップとは

インターンシップとは、学生が在学中に自分の専門性や将来進みたい道に関連した企業で、実際に就業体験を行うことです。

インターンシップには、大学のキャリアセンターが企業や行政、団体と提携し、大学を通して参加できるものもあれば、企業や団体が公募し、学生が個人で応募するものもあります。

学生は就職活動前にインターンシップを経験することで、職業理解を深め将来のキャリアプランをより明確にすることができます。

インターンシップの受け入れる側の目的とメリット

インターンシップは学生に就業体験を提供する場であり、優秀な学生を青田買いするためのものではありません。それでは、受け入れる側はどのような目的意識を持てばよいのでしょう。インターンシップで得られるメリットをあげてみました。

  • 企業やその業界を多くの学生に知ってもらう良い機会となります。社会貢献活動として認められ、インターンシップでの企業の評判は、学生間に口コミで広がります。
  • 学生の受け入れで社内が活性化され、指導を新人に任せることで新入社員教育に活かせます。
  • 学生の若く新鮮な発想に触れ、業務改善につなげられます。
  • インターンシップを経たことで入社を希望し、採用につながるケースも多く、この場合ミスマッチが起きる心配が低くなります。

インターンシップの種類|短期間型と長期間型の違い

インターンシップは目的によって種類が異なります。

短期間の職場体験型

セミナーや見学会、さらに実際の業務を簡単なグループワークに落とし込んで体験させるプログラムを組み込み、企業やその業界を理解させる体験型プログラムです。短期間で済むので複数回開催すれば、多くの学生の受け入が可能です。認知度を上げたい企業に適しています。

長期間の実務実践型

長期間、職場に配属して実務を経験させます。学生は業務内容を深く理解でき、受け入れ側も学生の新鮮な発想を業務に取り込む機会になります。入社の意志がなかった優秀な学生が、インターンシップで社風を気に入り入社を希望、採用に至ったという例も聞かれます。

インターンシップでの給料の有無

インターンシップでは、短期の職場体験型は無給ですが、長期の実務実践型では給料を支払うケースが多いです。給料が出ても、インターンシップはあくまで就業体験が目的で、アルバイトとは違います。受け入れ側は単純作業をさせるアルバイトとは違うことを認識しておくべきで、学生も企業の一員として「働く」自覚が必要です。

インターンシップ受け入れ成功のポイント

インターンシップを成功させるには、受け入れ側の体制作りが大切です。社内で実施目的を明確にしてから、インターンシップの内容を検討しましょう。配属先がインターンシップをアルバイトと混同しないよう、社内で情報共有しておくことも大切です。

その他にも、インターンシップ中の事故に備え、学生には学生教育研究災害傷害保険や学研災付帯賠償責任保険(学研賠)の加入を確認しましょう。公募の場合、学研賠は適用されませんので、学生に賠償責任が発生する事態に備え、学生賠償責任保険等の加入を徹底させましょう。

人事の「働き方改革」しませんか?

人事業務は「人事企画」「採用」「労務」「評価」「研修・教育」など多岐にわたり、それぞれの「情報を管理」するだけでもひと苦労です。

たとえば、こんな悩みをお持ちではありませんか?
  • 人材情報を探すだけで時間がかかる
  • 異動のたびに組織図を作り直していて面倒
  • 評価のフローがまったく進まない
  • 誰がどこに配属されているのかわからなくなる
  • 基幹システムでは情報が見づらい
  • 紙やエクセルでの人材管理、評価運用が限界
  • ツールやシステムに多額の予算はかけられない
これらの悩みを一挙に解決するのが「タレントマネジメントツール(人材マネジメントツール)」と呼ばれるものです。

社員情報をまとめた人材データベースをつくり、日々の人事業務や経営戦略に活かせます。
カオナビ」は顔写真が並ぶ、クラウド型の人材マネジメントツール。必要な人材情報をすぐに取り出せるため、人事業務の生産性をアップさせることが可能です。

人事業務にお悩みの方は下記よりお気軽にお問い合わせください。