知的財産権とは? 著作権との関係とその侵害に関して

発展途上国での違法コピーによる海賊版流通問題や青色発光ダイオード開発に端を発する“LED訴訟”、ひいては東京オリンピック公式ロゴを巡る諸問題。これら世間を騒がせた話題の中心には、実は共通して「知的財産権」という「権利」の存在があります。よく議論になって身近にはあるけれど、言われてみないとなかなか気付かない「知的財産権」についてここでは解説していきます。

知的財産権とは? ― その定義について

「知的財産権」とは、「創作活動を含む人間の知的・創造的な活動によって生まれた結果や成果に対して創造者・創作者に与えられる権利」のことです。

平たく言うと、「知的財産権」とは、「個人や企業が苦労して考え出したアイデアを具体化した産物を守り、他の企業や人に無断使用されないようにするための権利」を意味します。そして「知的財産権」は、「活発な知的財産の創出によって、社会にその利益を還元すること」を基本的な精神とする「知的財産権基本法」によって守られています。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

知的財産権の種類 ― 産業財産権と著作権

「知的財産権」は、「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」の4つからなる「産業財産権」と「著作権」の大きく二つがあります。「産業財産権」は産業の発展・発達を目的としており、他方、「著作権」は文化の発達・発展を目的としています。これらの他には「回路配置利用権」「育成者権」「商号権」などがありますが、それぞれ以下にて簡単に説明していきましょう。

産業財産権

  • 特許権
    新しい技術を用いたイノベーティブな発明・開発であり、かつ、社会的に有意味であると認められた産物に付与されます。
  • 実用新案権
    特許物を新しい発想やアイデアによって改善したものに付与される権利のことです。
  • 意匠権
    工業的に量産が可能な工業デザイン(インダストリアル・デザイン)の保護を目的とした権利のことです。
  • 商標権
    商品名やブランド名を守る権利のことです。ヒット商品の後追い商品の乱出を防止する等の目的を持ちます。

著作権
音楽や小説、絵画などの芸術作品を守る権利のことです。およそ100年前に認められた比較的新しい権利ですが、現在ではテレビゲームやコンピュータープログラムなどもその対象範囲に含みます。

回路配置利用権
コンピューターの心臓部と言える半導体集積回路を守る権利のことです。半導体集積回路はコンピューターの性質や性能を決定づけるため、この権利が規定されています。

育成者権
植物・農作物の種や品種改良に付与されます。新種開発のための種の選別や交配は非常な手間を要するため知的財産権として認められています。

商号権
会社の名前を保護する権利のことです。

知的財産権の侵害と保護すべき理由について

以上のように「知的財産権」には多くの種類があり、権利侵害が起こった場合にはそれぞれの権利に関連する法律の規定に従い、損害賠償等を請求できます。しかし、そもそもどうして「知的財産権」は守られなくてはいけないのでしょうか。

たとえば、ソフトウェア会社A社が研究開発の果てに画期的かつイノベーティブなソフトウェアを開発・発売したとします。しかし、競合会社であるB社がA社の技術を無断でまるまる模倣・利用し、A社よりも一足発売して、大ヒットしてしまった場合、A社がどれだけ販売努力を重ねたとしても「B社のマネ」として受け止められるだけで、A社製品は売れることはないでしょう。

「知的財産権」の存在意義がこの点にあります。「知的財産権」があれば、B社はA社の権利を明確に侵害していると言え、A社はB社に損害賠償請求を行うことができます。もし、「知的財産権」がなければ、「研究努力の賜物である技術や製品が無断使用されてもペナルティはない」ということを認めることになります。

そのような状況ではどんな会社も熱心に研究開発に取り組むことないでしょう。つまり、「知的財産権」とは、その権利を守り適切に運用することで、公正な市場競争と市場の発展を促すものであるとも言えるのです。