健康管理とは? 社員のフィジカルとメンタル両面の管理と健康管理システムの導入

従業員の健康を守るのは、企業の社会的責任です。その根拠を確認のうえ、ただでさえ業務が多岐に渡る人事・労務の大きな負担となる健康管理業務の効率化に向けた「健康管理システム」の導入についてご紹介します。

健康管理とは?

雇用する従業員の健康を管理することは、企業の重要な責務のひとつ。民法、労働基準法、労働安全衛生法では、まず第一に「労働契約法第5条」により、従業員に対して、生命や身体等の危険から保護する環境を用意することが義務付けられています。

これを「安全配慮義務」といい、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。」と明文化されており、「労働安全衛生法」においては保護のみならず、積極的に健康に配慮した職場環境を整えることまでを求めています。

さらに、近年は従業員のストレスチェックを義務づける改正労働安全衛生法の施行や、年次有給休暇の義務化など、政府は企業の従業員の健康管理を促進させる方針を掲げています。違反した場合罰則となるものもあり、過去には安全配慮義務を怠って従業員の健康を害した企業に膨大な損害賠償を命ずる判例も存在します。

ストレスチェックとは? 【義務化?罰則は?】制度実施状況、実施の流れ、保管方法について
ストレスチェックは、労働安全衛生法の改正によって50人以上の労働者がいる事業場で義務付けられた検査です。 定期的に労働者のストレスをチェックすることで、労働者が心身の状態に気付き、メンタルヘルスの不調...

このように、企業は「労災認定」や「損害賠償証責任」を回避するためにも、定期的な「健康診断」とその結果のみならず、常日頃の業務の様子から従業員の健康を気遣い、環境改善に取り組む必要があるのです。

なにより、企業は優秀な人材を採用して育成し、長く活躍し続けてもらうことで、生産性を高めていかなければなりません。その意味でも従業員の健康を管理することは、企業にとって重要な課題のひとつであり、フィジカル・メンタル両面の「健康管理」が社員を活躍させるための重要な施策だといえるでしょう。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

「健康管理」の方法|社員のフィジカルとメンタル両面からチェック

フィジカル編

企業としては、従業員の加齢や生活習慣による健康状態の悪化を予防し、健康増進を計らなくてはなりません。健康管理の範囲は幅広く、健康診断、それにともなう保健指導、レクリエーション等の機会の提供、オフィスの禁煙・分煙化などの職場環境の整備も含まれます。

さらに、安全配慮義務の観点からは、作業環境の測定や安全装置の導入といった作業環境の整備も考慮するべきでしょう。

メンタル編

職場の人間関係におけるストレスや、長時間の残業など、辛い環境の中で過重な労働が続くと脳・心臓疾患を発症するリスクが高まることが医学的に知られています。

トラブルの早期発見のために「相談窓口」を設置するほか、職場の従業員や管理職に「メンタルヘルスケアの知識」を提供する機会を設けましょう。

さらに、産業医からの申し出を生かすため、事業者は時間外労働時間に関する情報はもとより、休日出勤や深夜勤務の情報、健康診断結果も産業医に提供したいところです。

その結果をふまえて脳・心臓疾患の発症リスクが長時間労働によって高まると判断される労働者に対しては、長時間労働を行った場合は申し出を行うように前もって勧奨しておくことができます。

「健康管理システム」|人事データベースにひもづいた一元管理を

このように、従業員の健康に対する企業の責任は大きくなる一方であり、健康管理業務を行う人事・労務の仕事も多岐に渡って煩雑化しています。

ところが、多くの中小企業ではコストやノウハウ不足、人材確保といった問題から定期健康診断受診の徹底もままならないなど、法規制への対応が不十分のまま。専門の部署や常駐産業医を用意できる大企業と違って、担当スタッフを用意するだけでも難しいのが実情でしょう。

そこで、近年ではさまざまな健康管理のアウトソーシングサービスが登場し、企業の定期健康診断管理・過重労働対策・ストレスチェックなどの業務を代行しています。

法規制への対応やヘルスケアデータの保管事務、保健指導の効率化などが可能であり、健康管理に関する事務処理を一手に担ってくれます。クラウド型のサービスであれば、いつでもどこでも更新や確認ができるので大変便利です。

こうした「健康管理システム」には、健康管理に関する課題を解決するため、代表的なもので以下のような機能があります。必要な機能をチョイスして、自社に合った製品を選びましょう。

定期診断情報

健康診断の各種情報の一元管理が可能かどうか。異常値を自動判定で発見できるサービスがあるものも。

帳票作成

「定期健康診断結果報告書」など、労働基準監督署提出用などの監督官庁提出資料作成をサポート。

過重労働管理

労働時間を適切に管理した上で、過重労働者の発見を支援します。長時間労働を行った労働者の面接指導や事業者への助言指導のスケジューリングなど。

特定保健指導

生活習慣の改善など特定保健指導(動機付け支援、積極的支援)が義務づけられている「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」などの生活習慣病に対しては、専用のシステムが用意されているものもあります。

セキュリティ機能

個人情報を扱う健康管理システムには、高いセキュリティが求められます。アクセス制限やログ管理などの機能の有無も確認してください。

スケジュール管理

「自動スケジューリング」や「受診者一覧」、「関連帳票作成」(受診予定者一覧表/受診のお知らせ)などの機能により、健診計画を支援します。受信者へのメール連絡機能が搭載されている製品も。

人事情報連携

他システムとの連携機能の有無。「人事データ」や「勤労データ」の取込みが可能であれば、簡単に業務を効率化できます。