【解説】フィッシュ哲学とは? 職場に笑顔をもたらす4つのマインド

フィッシュ哲学は、マネジメント手法のひとつで、組織活性化を目的とした手法です。シンプルなルールで、すぐに実践することができるフィッシュ哲学をご紹介します。組織活性化をお考えの人事担当の方は、ぜひご一読ください。

「フィッシュ哲学」とは?

フィッシュ哲学は、アメリカの西海岸で実際に行われた組織改善のためのノウハウです。さびれた魚市場で、「遊ぶ・態度を選ぶ・注意を向ける・楽しませる」の4つのマインドを持って仕事に取り組んだところ、問題を抱えていた職場が生まれ変わったという話がベースになっています。

フィッシュ哲学はシンプルで使いやすいマネジメント手法で、実践のために難しい知識を必要としません。組織活性化を目指す多くの企業に取り入れられており、ビジネスだけではなく医療や福祉、教育などでも活用されています。フィッシュ哲学は、いまや全米のチェーン店や有名ブランドでも用いられており、日本では特に医療現場で注目を集めています。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは?

・1on1の進め方がわかる
・部下と何を話せばいいのかわかる
・質の高いフィードバックのコツがわかる

効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

魅力ある職場づくりと組織活性化を実現するフィッシュ哲学

離職率を下げ、優秀な人材が長く働きたいと思う環境を実現するには、魅力のある職場づくりと組織活性化が必要不可欠です。離職率が高いと、優秀な人材を探し、自社の職場に適応してもらうという工程が常につきまといます。優秀な人材に長く働いてもらう方が大幅に仕事の効率が良いのです。

組織活性化で注目を集めるマネジメント手法はいくつもありますが、導入が簡単ですぐに実践することができるものは決して多くはありません。そんな中でフィッシュ哲学は、どの職場でも気軽に取り入れることができ、すぐに実践できます。

なぜ国内でフィッシュ哲学が、医療の現場を中心に広がっているかというと、患者さんに接するスタッフがゆとりを持ち、笑顔でサービスを行えるようになるからです。また、仕事にゆとりを持ってのぞむことで、サービスを改善できるようになります。

このようにフィッシュ哲学は、医療現場やサービス業を中心に広がりを見せています。職場の雰囲気が何となく暗いと感じていたり、サービスの質を向上させたいと考えたりしている人事担当者は、フィッシュ哲学の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

フィッシュ哲学の実践

フィッシュ哲学の実践では、「遊ぶ・態度を選ぶ・注意を向ける・楽しませる」の4つのマインドを持つことが大切です。以下に、それぞれのマインドの解説です。

・遊ぶ
労働者が仕事を楽しめるように遊びの要素を取り入れること。例えば、サービス業で制服をカラフルにして担当部署で色分けを行うなど、遊び心を持つことです。

・態度を選ぶ
常にポジティブなマインドで働くこと。ネガティブなマインドではいい笑顔を見せることはできません。

・注意を向ける
お客さんが来店したら、常にその人ひとりに対して注意を向けること。しっかり相手と向き合うこと。

・楽しませる
お客さんに接する際には楽しい雰囲気をつくり、満足をしてもらえるように尽くすこと。

フィッシュ哲学をマネジメントに取り入れることで、職場が活性化するだけでなく、社員のやる気を上げる効果も期待できます。