エレベーターピッチとは? 目的や特徴、メリット、作り方やまとめ方、練習や学ぶための書籍について

エレベーターピッチとは、エレベーターに乗っているくらいの短い時間で自分自身や自社のビジネスなどについてプレゼンする手法のことです。エレベーターピッチの特徴やメリットなどについて解説します。

1.エレベーターピッチとは?

エレベーターピッチとは、エレベーターに乗っているくらいの短い時間で自分自身や自社のビジネスなどについてプレゼンする手法のことで、アメリカのシリコンバレーが発祥とされます。

15~30秒という短時間で行うプレゼンは、営業活動だけでなく、自己アピールなどにも活用できるスキルです。しかし短時間ゆえ、伝える内容や順番を整理し、簡潔に分かりやすく話さなくてはなりません。

エレベーターピッチとは、15~30秒という短時間で行うプレゼンのことで、営業活動だけでなく自己アピールなどにも活用できます

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは?

・1on1の進め方がわかる
・部下と何を話せばいいのかわかる
・質の高いフィードバックのコツがわかる

効果的に行うための1on1シート付き解説資料をダウンロード⇒こちらから


【評価業務の「めんどうくさい」「時間がかかる」を一気に解決!】

評価システム「カオナビ」を使って評価業務の時間を1/10以下にした実績多数!!

●評価シートが自在につくれる
●相手によって見えてはいけないところは隠せる
●誰がどこまで進んだか一覧で見れる
●一度流れをつくれば半自動で運用できる
●全体のバランスを見て甘辛調整も可能

カオナビの資料を見てみたい

2.エレベーターピッチの目的

エレベーターピッチの目的は、結論を先に話すような的確で短いプレゼンを行えるようにすること。

もともと、多忙で時間がない投資家に対して短い時間でアピールし、投資を増やしてもらうチャンスをつくる方法として利用されていました。現在でもエレベーターピッチはさまざまなビジネスシーンで活用されています。

エレベーターピッチの目的は、結論を先に話す的確かつ短いプレゼンを行えるようにすること。忙しい上司などに提案する際に有効な手段として活用されています

Excel、紙の評価シートを豊富なテンプレートで楽々クラウド化。
人事評価システム「カオナビ」で時間が掛かっていた人事業務を解決!
【公式】https://www.kanavi.jp にアクセスしてPDFを無料ダウンロード

3.エレベーターピッチの特徴

エレベーターピッチの特徴は下記の2つです。

  1. エレベーターで移動する15~30秒ほどの時間を利用する
  2. 30秒で話せるのはおよそ250文字

30秒という短い時間かつ250文字という短い文字数で、初対面の相手に自身や自社の商品・サービスの魅力を伝えなければならないため、内容を的確に伝える練習が必要です。

15~30秒で話せるおおよその文字数は250文字。この文字数で自社の製品・サービスの魅力を伝えきるには練習が必要になります

Excel、紙の評価シートを豊富なテンプレートで楽々クラウド化。
人事評価システム「カオナビ」で時間が掛かっていた人事業務を解決!
【公式】https://www.kanavi.jp にアクセスしてPDFを無料ダウンロード

4.エレベーターピッチのメリット

エレベーターピッチのメリットとして挙げられるのは、下記のような事柄です。

  • どんな場面でも言いたいことを簡潔に伝えられる
  • 信頼性が高まりやすい
  • 傾聴スキルが上がる
  • コミュニケーション能力が上がる
  • 考えをはっきりさせられる
  • 余計な話を省略できる
  • 打ち合わせなどが早く終わる

エレベーターピッチには、どんな場面でも言いたいことを簡潔に伝えられるなどさまざまなメリットがあります

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

5.エレベーターピッチの作り方、まとめ方

では、エレベーターピッチの作り方、まとめ方を詳しく見ていきましょう。

話をまとめるための設計図を作る

まず、15~30秒で話をまとめるための設計図を作ります。基本の型となる設計図を一度作っておくと、以降にエレベーターピッチをする際に活用できるだけでなく、その他の場面でも応用できるのです。

  1. 目的
  2. 相手側に立って分析
  3. 目的と相手をつなぐ内容

①目的

自分は何を目的として行動しているのか、意図を明確にします。目的といっても難しく考える必要はありません。目的とは、「~を売りたい」「~を知ってほしい」などの自らの望みです。

会話には必ず話す人の意図があります。事前に自分の話の目的、ゴールを明確にしておきましょう。たとえば不動産営業の場合、「不動産を売って営業成績を伸ばしたい」「もっと顧客のニーズに合った営業を展開したい」というのが自分の目的部分に当たります。

②相手側に立って分析

相手の得たいものを的確に把握することも欠かせません。相手は何をしてほしいのかといった相手側に関する内容をまとめましょう。

相手にとって、話す人の目的は他人事。そこで相手を動かすために、話の目的を相手自身のこととして捉えてもらえるような仕掛けが必要となるのです。

たとえば、「相手の求める不動産が、居住用なのか投資用なのか」と目的を見定めることが把握に該当します。

③目的と相手をつなぐ内容

最後に自分の目的と相手をつなぐための内容をまとめます。

たとえば、相手が投資用に不動産の購入を考えているのであれば、空室リスク対策、駅チカで需要が高い、賃貸相場が上昇している、利回りが良いなど投資メリットを感じてもらえるような内容をまとめる必要があります。

これが、自分の目的と相手が得たいものをつなぐアプローチとなるのです。この3段階を踏むことで、エレベーターピッチの設計図が完成すると同時に成功への近道となります。

フォーマットを作る

エレベーターピッチのフォーマットは3つからなります。

  1. 話のつかみとなるフック
  2. 話の要点となるポイント(15秒や30秒など時間に応じて、ピックアップするポイントの数を変える)
  3. クロージング:相手の行動を促す締めとなる言葉

基本の型に当てはめながら、15秒バージョンと30秒バージョンのフォーマットを作成してみましょう。

フォーマット用に内容をまとめる

エレベーターピッチは、それぞれの事例をフォーマットに落とし込むために、下記5つの手順に沿って内容をまとめていきます。慣れるまでフォーマットを繰り返し作成する場合もありますが、徐々に考え方がシンプルになってコンパクトに話せるようになるでしょう。

  1. ポイントを洗い出す
  2. 目的と相手をつなぐポイントを厳選
  3. クロージングを考える
  4. フックを考える
  5. フォーマットにまとめた内容をチェック

①ポイントを洗い出す

厳選は後で行うため、この段階ではひとまず内容を洗い出すことに専念します。ポイントはなるべくたくさん挙げましょう。

たとえば不動産営業なら、「眺望が良い」「駅チカ」「近隣の賃貸相場が上昇している」「投資利回りが良い」「最近修繕が完了した物件」「部屋の間取りが自由に変えられる」「緑が多くて環境が良い」「空室リスクが低い」などです。

②目的と相手をつなぐポイントを厳選

次に、洗い出したポイントから、自分の目的と相手の得たいものをつなぐ内容になるポイントを見つけて厳選します。そして相手が得たいものに最も近いポイントを3つに絞るのです。

人の記憶力の観点から、数多く提案しても覚えてもらいにくいので、3つまでと心得ましょう。

たとえば、上記で洗い出したポイントの中から、「空室リスクが低い」「近隣の賃貸相場が上昇している」「投資利回りが良い」の3つをピックアップします。

③クロージングを考える

相手が話に耳を傾け、決定に動くようなクロージングの言葉を考えます。相手が、「早くしなければ」「決めなければ」と行動を促すようなフレーズを入れるとよいでしょう。

たとえば不動産営業なら、「この物件は、人気があり問い合わせが殺到しているので、明日の午前中までに連絡をください」などのフレーズを入れます。これにより不動産物件を得たいと考えている相手は行動を早めなければと考えるのです。

④フックを考える

話のつかみとなるフックは一言で相手を引き込ませる必要があり、最も難しいものですので、最後に考えます。

不動産営業なら、物件の購入を考えている相手に対し、「あまり市場に出てこない希少物件をご覧になりますか」などと質問型にして反応などを確かめます。これにより、ポイント、クロージングへの流れがスムーズになるでしょう。

⑤フォーマットにまとめた内容をチェック

最後にフォーマットにまとめた内容を、流れが整っているか、量は適切かなどの面からチェックします。相手の興味や注意を喚起し、続きを聞きたい、後で詳細を聞きたいという流れになっているか確認しましょう。

15~30秒という短時間で話せる言葉で、簡潔明瞭かどうかも大切です。しっかりと相手の興味を惹きつけられるかどうか、次につなげる話し方になっているかどうかも重要なポイントです。

これらの観点からチェックすると、より的確なエレベーターピッチになるでしょう。

エレベーターピッチは、まず設計図を作り、それをもとに、フック、ポイント、クロージングからなるフォーマットに落とし込んで、内容をまとめていきます

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

6.エレベーターピッチの練習

フォーマットにまとめた内容を実際に口に出して話し、練習します。15~30秒程度と時間は短いですが、時間を気にして早口になりすぎないよう注意しましょう。

どんなに内容が良くても、早口で聞き取りづらいと相手には伝わりません。しっかりと抑揚をつけ、滑舌を良くする練習をし、聞き取りやすいプレゼンができるよう心掛けましょう。

フォーマットにまとめた内容を実際に口に出して話し、練習します。早口になりすぎないなど聞き取りやすいプレゼンを心掛けましょう

部下を育成し、目標を達成させる「1on1」とは? 効果的に行うための1on1シート付き解説資料をプレゼント⇒こちらから

7.エレベーターピッチを学ぶ書籍

最後にエレベーターピッチについて学ぶ書籍をご紹介します。

美月あきこ著『15秒で口説く エレベーターピッチの達人――3%のビジネスエリートだけが知っている瞬殺トーク』を読み、実践すると、エレベーターピッチの理解を深めることができます。

本書は、著者が行っているすぐに効果が上がる「売れる営業マン・販売員」研修において扱われているテーマ「エレベーターピッチ」の詳細を解説した書籍です。

書籍『15秒で口説く エレベーターピッチの達人~』を読んで実践すると、エレベーターピッチへの理解が一層深まります

エレベーターピッチのQ&A

エレベーターピッチとは、15~30秒というエレベーターに乗っているほどの短い時間に、自分自身やビジネスについてアピールする手法のことです。 短時間のプレゼンゆえに、伝える内容や順番を整理し、簡潔にわかりやすく話す必要があります。 営業活動だけでなく、自己アピールなどにも活用できるスキルです。
はじめに、15~30秒の枠内に話をまとめるための「設計図」を作成しましょう。具体的には、エレベーターピッチを行う「目的」「相手側の分析」「目的と相手をつなぐ内容」を考えます。 これら3段階の思考を踏んで基本の型をつくっておくことで、エレベーターピッチだけでなく、その他の自己アピールの場面にも応用できます。
まとめた内容を、実際に口に出して、話してみてください。エレベーターピッチでは、時間を気にするあまり、プレゼン者が早口になってしまう傾向があります。聞き取りやすいプレゼンになるまで、何度も練習しましょう。 また、しっかりと抑揚をつけ、滑舌を良くするための練習も効果的です。演劇のワークショップなどによく用いられる、北原白秋の「五十音」などを試してみましょう。