カーブアウトとは? ベンチャー企業設立とスピンオフ・スピンアウト

カーブアウトを行い、ベンチャー企業を設立することで、将来有望な事業を存続させたり、新しい事業を立ち上げたりすることができます。人事なら知っておきたいカーブアウトのポイントと、スピンオフ・スピンアウトの違いについてご紹介します。

カーブアウトとは

カーブアウトとは、企業が事業の1部分を切り出して、その事業を社外事業の1つとして独立させることです。独立した事業は、新たにベンチャー企業として設立されます。大企業が、競争力はあるけれども主力を担えない事業を切り出すことをいいます。

不採算事業の切り出しという面がクローズアップされがちですが、将来的には有望であるものの、現時点では採算が厳しい事業を存続させるための新しい道ともいえます。切り出された事業と、旧会社との資本関係によって、「スピンアウト」や「スピンオフ」という言葉で表されます。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

カーブアウトによるベンチャー企業設立

カーブアウトによってベンチャー企業を設立する場合、大企業からコア事業ではないけれども、将来有望と目される事業を切り出して法人化するため、自社の社員に法人を設立させるケースがほとんどになっています。

また、カーブアウトの際には、大企業が資本の一部を出資し、ベンチャー企業との資本関係を持つ「スピンオフ」という形式で資本提携が行われる場合が多いです。

これは、事業が成功した際に、親会社として自社に事業を取り込むことができるだけではなく、M&Aなどによって収益をあげることができるからです。カーブアウトによるベンチャー企業設立が増えている背景には、株主の発言力が強くなり、不採算事業への視線が厳しくなっていることが一因にあげられます。

カーブアウトによるベンチャー企業の設立は、「のれんわけ」の制度と近く、従来のゼロから挑戦して起業するベンチャー企業のスタイルとは一線を画していることを、人事の方は理解しておくと良いでしょう。

スピンオフとスピンアウト

カーブアウトでは、旧会社と新規に設立されたベンチャー企業との資本関係によって、「スピンオフ」と「スピンアウト」という形式があります。ベンチャー企業設立時に、旧会社がすべての資本を提供するのではなく、社外の投資家やファンドからも資本提供を受けることで、成長のスピードが速くなり、早期の株式公開を目指すことも可能です。

スピンオフとは、カーブアウトによって独立した事業が、旧会社と資本関係が継続していることをいいます。社内ベンチャー制度を利用して設立された企業などが、スピンオフにあたります。

一方、スピンアウトとは、カーブアウトによって切り出された事業が、旧会社と資本関係がなくなることをいいます。不採算事業と認定され、親会社の事業の選択と集中のために独立するケースがスピンアウトにあたります。