クライシスマネジメントとは? 企業の危機管理、リスクマネジメントとクライシスマネジメント

リスクマネジメントに注目し、クライシスマネジメントが置き去りにしている企業が多くあります。リスクマネジメントと同様に、クライシスマネジメントにも人事は注意を払うべきです。人事なら知っておきたいクライシスマネジメントの基本について紹介します。

「クライシスマネジメント」とは

クライシスマネジメントは、「危機は必ず発生する」という前提のもとに、危機管理を行います。一方、対局で語られることが多いリスクマネジメントは、「危機を未然に防ぐ」という考え方をもとに、危機管理を行います。

どちらも、危機に対して備えるという意味では同じでも、クライシスマネジメントは被害を最小に抑えることを主眼に置いた施策です。

この場合の「危機」とは、発生の確率は低いものの、企業に大打撃を与えかねない地震や台風などが想定されます。そういった災害が発生した場合、企業の活動にも大きな影響がでるでしょう。そのためにも、リスクを低減させる努力が企業に必要です。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

企業の危機管理|リスクマネジメントとクライシスマネジメント

企業のリスクマネジメントとクライシスマネジメントでは、危機を回避するだけではなく軽減することにも注目すべきです。企業には、ビジネスリスクや人為的リスク、賠償責任のリスクなど、多彩なリスクが付きまといます。また、天災やテロなどのコントロールすることが難しいリスクも想定しなければいけません。

様々なリスクが企業運営を妨げることがないように、リスクマネジメントだけではなく、クライシスマネジメントも適切に行うことでダメージの軽減を図りましょう。

・リスクマネジメントの進め方とは
リスクマネジメントでは、行動計画を建てるだけではなく、分析や処理を行った後、その対応を評価することも大切です。リクスコントロールを行うことを前提に、それでも生じてしまったリスクには、リスクファイナンスを行って経営活動へのダメージを軽減するように、先を見据えて手を打つことが大切です。

クライシスマネジメントの重要性

クライシスマネジメントの根底には「人間がすべてをコントロールしえない」環境に対する備えという考えがあり、実際に「政府が機能している」とか、「ライフラインが利用できる」といった、視野狭窄を捨て、あらゆる状況を想定した行動指針を立てなければなりません。

また、「想定外」のことに対応するためには、責任の回避に走るのではなく、具体的な行動が必要になります。「非日常」を前提とした行動指針を用意し、周知徹底と教育を行うことにより、どんな状況であっても、被害を最小限に抑えることができるようになるだけではなく、社員を守ることにも繋がります。

企業の持続的な成長・発展のためにも、人事がクライシスマネジメントの知識を社員に教育していくことが求められています。