コンテクストとは? 関連語、正しい用法、各シーンでの使い方

コンテクストとは文脈や脈絡、状況などを意味するカタカナ語で、特定の物や事象を表す言葉ではなく、前後関係や背景情報といった曖昧なものを指します。一体どんなものか解説しましょう。

1.コンテクストとは?

コンテクスト(context)は、英語で「文脈」を意味しますが、文章の流れによっては「状況」「前後関係」「脈絡」と訳されます。特定の事象を指すものではなく曖昧なものを意味する言葉で、「場の空気を読む」の「空気」に当たる言葉です。

コンテクストという言葉をビジネスシーン、もしくはIT用語として使用する際、関連するデータという意味になります。またこの場合も特定のデータを指すものではなく、主体に対しての周辺情報全般を指す用語として使われるのです。

コンテクストはマーケティングやIT用語としても活用される外来語です。文脈や状況、前後関係や背景と訳されます

【在宅勤務下でもスキル管理ができる人材システム】

人材マネジメントシステム『カオナビ』なら、社員のスキルデータを一元管理できます。

●社員のスキル情報を自宅からでも確認できる
●社員情報といっしょにデータで一元管理できる
人材育成に活用できる
戦略人事に活用できる
優秀人材の発掘ができる

カオナビの資料を見てみたい

2.コミュニケーションの土台となる「コンテクスト」

コンテクストという言葉が持つ文脈や状況といった意味は、あらゆるコミュニケーションの基盤となります。コミュニケーションを円滑に進めるには、お互いの文化をどの程度共有しているかが重要です。共有度合いによって理解の度合いも異なるでしょう。

コンテクストは「コミュニケーションの基盤を担う文化情報の共有度」という意味でも使えます。

カタカナ表記と英語表現

カタカナ表記の場合、コンテクストではなくコンテキストと表記される場合があります。英語では「テクスト」と「テキスト」に細かい違いを含ませることもありますが、カタカナ語として使用される場合、どちらも共通の意味になるのです。

コンテキストの英語表記も「context」で、文脈、前後関係、事情といった意味合いになります。前後関係から意味を読み取ったり状況によって意味を成すようなものを指したりするため、カタカナ語としての「コンテクスト」と同じように使えるのです。

ビジネスシーンでは「関連データ」という意味

コンテクストという言葉をビジネスシーン特にIT用語として使用する場合、関連データといった意味合いが強くなります。根拠となる情報を用いて話を進める際の「言葉では伝わりにくい部分の背景、また状況判断のための材料」をコンテクストと呼ぶのです。

コンテクストは特定のデータを指す言葉でなく、主体となるデータの周辺情報を指して使われ、ITの分野では「状況に応じた動作を行うための判断材料」と訳すことも可能です。

テクストとの違い

コンテクストとテクスト(テキスト)は似た語感の表現ですが、それぞれ意味が異なります。コンテクストは文脈、テクストは文章といった違いがあり、特定の文章がテクスト、その周辺情報がコンテクストとなるのです。

たとえば「明日は晴れるだろうか」という言葉が発された場合、この言葉自体がテクストで、言葉が発された背景事情がコンテクストになります。

また、「仕事が終わらない」という文章を見たとき、文章そのものがテクスト、仕事が終わらない原因や背景がコンテクストとなるのです。

コンテクストはあらゆるコミュニケーションの土台となります。文化の違いによって異なるため、国際的なビジネスシーンで使う際は注意しましょう

3.コンテクストの用法と例文

続いて、コンテクストを動詞として用いる場合の用法と例文を見ていきましょう。コンテクストを動詞として使う場合、「読む」や「共有する」といった意味を持つのです。ビジネスパーソンとして知っておきたいコンテクストを使った例文をご紹介しましょう。

用法1:「コンテクストを読み取る」

ビジネスシーンでは、「商談相手の言葉からコンテクストをしっかりと読み取る必要がある」といった使われ方が多くあります。この場合、言外に「商談相手の会話の流れから前後の状況を深く読み取る必要がある」という意味が含まれているのです。

日本語では「空気を読む」と表現される状況といえます。日本語は主語や目的語を省くケースが多いため、コンテクストを読む機会が多い言語といわれるのです。

事前に知っている共通の情報や文化的背景を前提としたコミュニケーションを取る傾向にあるため、日本人は話し終わる前に相手の意図を読む癖があるとされています。

用法2:「コンテクストの生成」

「コンテクストの生成」という使い方をした場合、「文脈を作成する」という意味になります。「生成」とは物がその状態を変化させて他の物になる、つまり「物ができること」という意味を持つ言葉です。

前述の通り、コンテクストは特定の事象や物事を指しません。決まった答えがなく、前後関係や状況の背景などさまざまな要素が絡み合っているのです。

従って「コンテクストの生成」と使う場合、「自分の解釈やオリジナルの判断を加えてその情報の文脈を再定義する」という意味になります。「コンテクストを読む」「コンテクストを生成する」どちらもビジネスシーンでよく使われる言葉です。

用法3: 建築分野での使われ方

読み取る、共有するといった意味を持つコンテクストですが、建築分野では少し違った意味合いで用いられます。建築業界でコンテクストと言った場合、一般的に「建物のまとまり」のことを指しているのです。

都市計画や建造物設計の場面で主に登場するため、「建物を新しく設計する際は街のコンテクストを読む必要がある」のように使われます。そのほか、「景観の保存」という意味合いを持たせる場合もあるのです。

既存の建物を観察する必要がある、という意味では「状況」や「前後関係」、「関連しているデータ」といった意味を持つコンテクストが使われることもあります。

コンテクストは、文脈や背景、分野によってさまざまな使われ方をします。いずれも相互関係や背景状況など曖昧なものを指しているのが特徴です

4.コンテクストに関連する言葉

さまざまなシーンで使われるコンテクストに関連した言葉をいくつかご紹介しましょう。中にはどこかで聞いたことがある、無意識に使っていたけど詳しい意味を知らなかった、という用語があるかもしれません。

コンテクストマーケティング

コンテクストマーケティングとは、消費者がいつ買うか、なぜ欲しいと思うのか、どこで買うのかなどを予測する、つまり顧客の目線に立って背景にある事情や心情などに沿ったマーケティングを行うこと

コンテクストマーケティングはすべての人に同じようなマーケティング手法を用いるものではありません。消費者の背景を考慮してベストなものをちょうどいいタイミングで提示し、購買意欲を高める手法なのです。

消費者の検索履歴や位置情報からそれに合った広告を配信する「Google AdWords」、履歴や検索結果から顧客の目的や状況を把握して商品を提案する「Amazon.com」などがこれに該当します。

ハイコンテクスト

ハイコンテクストとは、コンテクストの共有性が高く、一つひとつ言葉で説明しなくても察し合うことができる、つまり相互に深い共通理解がある状態のこと。

最も想像しやすいのは日本語でしょう。ハイコンテクスト文化には、表情や顔の動き、声のトーンなど言葉以外の部分から得られる情報をもとに構成する特徴があります。

たとえば「仕事が終わらない」という言葉に対して「手伝います」と返す、これはハイコンテクストのよい例でしょう。ここでは手伝うよう頼んでいませんが、その文脈や相手の背景を読み取って手伝いを申し出ているのです。

あえて直接的な表現を避けたり、凝った表現を用いたりすることもハイコンテクストの特徴といえます。

ローコンテクスト

ハイコンテクストの対義語として用いられるのがローコンテクストでハイコンテクストとは反対に相互の共通理解がないため、あらゆることを具体的に表現する状況を指します。

ローコンテクスト文化では、すべての物事を言葉で表現し、明確に示します。直接的で分かりやすい表現を好むため、寡黙や濁した表現、空気を読むといったことを評価しません。

一般的に日本語はハイコンテクスト、英語はローコンテクストといわれています。英語圏の人たちが日本のビジネスコミュニケーションを見て「説明が足りない」「情報共有が少ない」「ネガティブな事象を直接的に言わない」と印象を抱くのはこのためです。

コンテクストデザイン

コンテクストデザインとは、物事の背景に存在するであろうコンテクストを土台として新たな価値をデザインすること

動画コンテンツの制作を例に挙げてみましょう。製作者は「新しい情報を得られるからこの動画コンテンツは注目を集めているのだろう」というコンテクストを利用して新たなコンテンツやサービスを創造します。これ自体がコンテクストデザインなのです。

とりわけPR業界では、従来の正しいストーリーが通用しなくなってきたため、適切なコンテクストの理解が欠かせません。

社会的コンテクスト

社会的コンテクストとは、他人の考えや言動をしっかりと理解し、同時に自分の考えや気持ちを相手に納得してもらうための動きのことで、コミュニケーション能力に似たものがあります。

しかし社会的コンテクストは能力そのものを示すものではなく、概念に近い在り方です。明確な在り方を示すコミュニケーション能力に対して、曖昧なイメージを持つのが社会的コンテクストといえるでしょう。

社会的コンテクストは相手の考えや言動をそのまま受け入れるだけでなく、自分が違うと思った場合、しっかりと相手に伝達できるかが重要となるのです。

コンテクストメニュー

コンテクストメニューは、IT用語のひとつです。Macではcontrolキーを押しながら対象のファイルをクリックすることでメニューを表示させる機能(OS8以降搭載)、Windowsでは右クリックで表示されるメニューのことを指しています。

特徴は、設定されたモードや操作対象などによってメニューの項目が入れ替わることです。

コンテクストに関連する用語それぞれの意味を見直すと、漠然としたコンテクストの在り方を理解できるようになります