ブラッシュアップとは? 類語や言葉の使い方、メリットややり方などについて

ブラッシュアップとは、腕や技術を練磨して質を向上させること。企業活動でも注目されているブラッシュアップとは何か、解説します。

1.ブラッシュアップとは?

ブラッシュアップとは、腕や技を磨き上げ、さらに向上していくことで、実施されれば技術や能力が向上します。

企業活動でもさまざまな場面でブラッシュアップが注目を集めています。質の高い企業活動を実現するためにも、ブラッシュアップに取り組む必要があるでしょう。

ブラッシュアップとは、腕や技を磨き上げ、さらに向上していくことです

【社員の管理に、お困りではありませんか?】

「カオナビ」は使いやすさで選ばれる、人材管理システムです。多様化する社員の個性も一目で把握、活用が進む人材マネジメントを実現します。

カオナビってどんなツール?

2.ブラッシュアップの類語

ブラッシュアップには、練る、練り上げる、磨きをかける、練磨するといった類語があり、ブラッシュアップおよび類語はすべて、現在以上の質にしていくことを意味します。構想をよりよく練り上げる、洗練されたものに改良するといった意味があるのです。

ブラッシュアップの類語は、「練り上げる」「磨きをかける」などです

3.ブラッシュアップという言葉の使い方

ブラッシュアップという言葉がどのように使われるのでしょうか。使い方の例を見てみましょう。

  • プレゼンテーション用資料をより視覚的に分かりやすくするため、ブラッシュアップした
  • 業務で必要な知識をより専門性の高いものへとブラッシュアップするため、研修を受ける
  • 報告書をブラッシュアップして、チームの成果を読み取りやすくする

ブラッシュアップという言葉は、「資料をブラッシュアップする」「知識をブラッシュアップする」というように使います

4.ブラッシュアップのメリット

ブラッシュアップには、メリットがあります。ここでは、ブラッシュアップのメリットを3つの面から解説しましょう。

  1. よりよい方向に進む
  2. 満足のいくものになる
  3. 効率化

①よりよい方向に進む

たとえば生産計画が「1年間で250台」といった大まかなもので、ブラッシュアップされて「上半期に100台、下半期に150台」と具体性のある計画に変更されたとしましょう。これにより行動なども具体的になるため、成果が出やすくなってよりよい方向に進むのです。

②満足のいくものになる

ブラッシュアップでは、「よりよいものへの改善」「より完成度の高いものへの補完」が行われます。従来あったものがブラッシュアップにより改善し補完できれば、当初は想定されていなかったより完成度の高いものへ変化するでしょう。

③効率化

効率化とは、「無駄を省き、スムーズに作業を進める」「生産性を高める作業を行う」こと。ブラッシュアップを検討する過程で、「何を練磨するのか」「どのような工程で実現させるのか」が明確になるため、効率化もスムーズになるのです。

ブラッシュアップのメリットは、「よりよい方向に進む」「満足のいくものになる」「効率化」の3つです

5.ブラッシュアップのやり方、方法

ブラッシュアップのやり方について、ステップごとに解説しましょう。

  1. 対象素材の見直し
  2. 手法の洗い出しと工程の設定
  3. 実行

①対象素材の見直し

まず対象となる素材について見直し、対象素材のどこをブラッシュアップするか検討します。その際、「ブレインストーミング」「ミーティングでの意見交換」を活用し、対象素材に欠けている部分や補完したい部分を綿密に分析していくのです。

対象素材の見直しはブラッシュアップの成果を左右します。しっかりと議論しましょう。

②手法の洗い出しと工程の設定

次に、対象素材をどのようにブラッシュアップするのか、手法を洗い出します。手法が決まったら、「どのような工程を踏むか」「工程ごとにどのようなスケジュールを組むか」という視点から検討を進めるのです。

取り組みとしては、「短期集中」「長期的視点で柔軟に実施」「他の対象素材とのコラボレーションで相乗効果を期待するもの」など、さまざまなものが考えられます。

③実行

対象素材について検討したら、ブラッシュアップに向けて計画を実行します。対象素材に対し、改善や補完を実施して、対象素材の質を現状以上に高めていくのです。

検討の段階では想定外の問題などが発生しても、対象素材の質を高めることに主眼を置いて冷静に対応していきましょう。これにより、ブラッシュアップが着実に実施されていきます。

ブラッシュアップは、「対象素材の見直し」「手法の洗い出しと工程の設定」「実行」の3ステップを踏んで実施します