開催終了

コンサルティングファームが実践する

「スキルマップ」の具体的なつくり方と運用

HRセミナー

LIVE登壇

DX

スキル見える化

タレントマネジメント

人材活用

2022年

623日(木)

13:00 - 14:15

開場時間 12:50

開催終了

参加費

無料(ZOOMウェビナー)

備考

・視聴用URLはお申し込み後にご連絡いたします
・1社につき複数名でご参加の場合も下記のフォームより、おひとりずつお申込みください
・ 当社判断により競合製品取扱い企業様の参加をお断りさせて頂く場合もございますので予めご了承下さい

開催概要

近年、従業員一人ひとりの能力を把握し、個人のパフォーマンスを最大化させるために「スキルマップの構築」に取り組む企業が増えています。

しかし具体的な構築の進め方が分からなかったり、実際に構築しても現場で活用が進まず、個人の伸ばすべきポイントの把握や育成、異動・配置の検討までに至っていないとお悩みの人事ご担当者様も多いのではないでしょうか?

そこで本セミナーでは、「実際にコンサルティングファームが実践している具体的なスキルマップの構築・運用手法」を解説します。加えて、スキルマップの効果を最大限に発揮できる運用方法を、「カオナビ」の事例を交え、ご紹介します。

こんな方にオススメ

【経営者、人事責任者・担当者、人事企画ご担当の方】

  • 個人のスキルを見える化・把握したい
  • スキルマップの具体的な構築方法を知りたい
  • スキルマップを人事戦略や現場マネジメントに有効活用したい

内容詳細・講師のご紹介

プログラムは変更する場合がございます。予めご了承ください。

【第1部】~コンサルティングファームが実践する~ スキルマップの“具体的な”つくり方

1.スキルマップの重要性
2.スキルマップ構築ステップ
3.各ステップの具体的な手法解説

株式会社フィールドマネージメント・ヒューマンリソース

シニアマネージャー

野崎 洸太郎 氏

2006年 大手情報通信会社 入社
・営業、コンサルティングに従事
・首都圏、九州エリア(福岡・熊本)の責任者として約60名の組織のマネジメントに従事
・その後、フィールドマネージメントグループ 参画
・主に組織人事系のコンサルティングプロジェクトに従事

【第2部】システムだからできる!現場と人事戦略に活かせる「スキルマップ」運用法

DXで「スキルマップ」の効果を最大化させる運用方法を、「カオナビ」のデモとユーザー様の事例を交え、ご紹介します。

株式会社カオナビ

アカウント本部 アカウント1部 部長

後藤 秀臣

2015年 明治大学卒業。
IT業界にて販売企画やtoB向けソリューション営業に従事。
2019年 カオナビに入社し、中小~大手企業まで幅広く新規営業を担当。
マネージャー職を経て、2022年4月より現職。

タイムテーブル

時間内容
12:50~Zoomアクセス受付
13:00~13:05はじめに
13:05~13:35【第1部】~コンサルティングファームが実践する~ スキルマップの“具体的な”つくり方
13:35~13:55【第2部】システムだからできる!現場と人事戦略に活かせる「スキルマップ」運用法
13:55~14:15【質疑応答】皆様からのご質問に直接お答えします

お申し込みフォーム

本セミナーの受付は終了しました。

個人情報の取扱いについて

https://corp.kaonavi.jp/privacy.html

当社は、ご参加いただいた皆様の個人情報をそれぞれ以下の目的で共同利用します。共同利用者とは秘密保持契約を締結し管理の徹底を図ります。

■共同利用の目的 :「個人情報の取扱いについて」の利用目的と同じです。https://corp.kaonavi.jp/privacy.html

■共同利用する項目 : 会社名・部署・役職・担当者様氏名・メールアドレス・電話番号・住所・従業員数

■今回の共同利用の範囲 : 株式会社フィールドマネージメント・ヒューマンリソース

■共同利用に際しての管理責任者 : コーポレート本部 本部長

当社のパートナー企業の紹介を受けて本セミナーへご参加される場合、お申込情報及びアンケート結果を、紹介元のパートナー企業に提供します。提供時には当社及びパートナー企業の双方で必要な確認・記録を行い、個人情報の取扱いに関する契約を締結したうえで、個人情報の提供を行います。

■提供先による利用目的 :
1.当社サービス及び当社サービスと関連する提供先のサービスに関するご案内、サポート、お客様からのお問い合わせ、苦情、紛争等への対応のため
2.当社及び当社サービスと関連する提供先の商品、サービス、イベント、セミナー情報等を郵便、電話、電子メール等を通じてご案内するため
3.上記に付随する業務遂行や連絡・手続きのため

■提供の手段又は方法:書面またはデータにて提供

■提供される個人情報の内容 : 会社名・部署・役職・担当者様氏名・メールアドレス・電話番号・住所・従業員数