受付中

セミナーに申し込む

ISO30414、コーポレートガバナンスコードへの対応に向けて

人的資本情報開示の最新動向とこれからの人事の役割とは

HRセミナー

LIVE登壇

人材マネジメント

人材活用

人材管理

戦略人事

2022年

126日(水)

13:00 - 14:15

開場時間 12:50

参加費

無料

備考

ZOOMウェビナー(インストール・ご利用ともに無料です)
※本セミナーではZOOMウェビナーを利用いたします。
※視聴者側のカメラ・音声機能はオフのためお顔は映りません。
視聴用URLはお申し込み後にご連絡させていただきます。

 

ZOOMウェビナー設定方法[PDF] 】
ZOOMヘルプセンター(ZOOMのページへリンクします

 

・ 視聴環境によって音や画像の乱れがある場合がございますが、予めご了承ください。
・ 企業様によって、アクセスコントロールなどの制御をされている場合は、事前に貴社内で「kaonavi.zoom.us」へのアクセス許可をいただきますようご確認、ご対応をお願い致します。

 

1社につき複数名でご参加の場合も下記のフォームより、おひとりずつお申込みください。

 

ご 注 意 事 項
WEBセミナーのため、会場(株式会社カオナビ)へご来場の必要はございません。
・ 定員数に達した場合、抽選とさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
・ 当社判断により競合製品取扱い企業様の参加をお断りさせて頂く場合もございますので予めご了承下さい。

開催概要

ISO30414、コーポレートガバナンスコードなど、国内外において人的資本関連の情報開示ニーズが急速に高まっています。

企業が人的資本の情報について対外的にアピールするためには、社内のどのような人的情報をどのように収集し、活用していけば良いか、情報開示をめぐる対応に戸惑っている人事ご担当者の方も多いのではないでしょうか?

そこで本セミナーでは、本領域において国内の第一人者であるISO人材マネジメント専門委員会「TC260ヒューマンリソースマネジメント」国内審議活動責任者 加藤茂博氏をお招きし、全体的な概要を押さえた上で、対応の際に気を付けるべきポイントや今後の動向について、企業事例を交えながらお話を伺います。
また、セッションでは、zoomのアンケート投票機能を活用し、人的資本の情報開示のリアルな対応状況や課題感を視聴者の皆様と共に確認・共有していく予定です。

最後に、タレントマネジメントシステム「カオナビ」を活用しながら人的情報を客観的にデータで見える化する方法をデモンストレーションを交えてご紹介します。

こんな方にオススメ

【経営者、人事責任者・担当者、人事企画ご担当の方】

  • 人的資本の情報開示の最新動向について知りたい
  • 人的資本の情報開示にどのように対応していけばいいか知りたい
  • 他社の人的資本の情報開示に関する取組みについて知りたい
  • HRテクノロジーを活用して、人的資本に関するデータを管理したい

内容詳細・講師のご紹介

プログラムは変更する場合がございます。予めご了承ください。

【第1部】

〈講演〉人的資本の情報開示の最新動向と事例

一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会 副代表理事 加藤氏に人的資本の情報開示に関する最新動向や、2022年以降に向けた取り組みの最前線をご紹介いただきます。

1.人的資本の情報開示の背景と概要
2.2022年1月現在、国内外企業の最新動向と今後の予想
3.開示に向けた課題 とピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会の取組み(スキル標準化など)

〈トークセッション〉人的資本の情報開示に向けた人事の役割とは

講演いただいた加藤氏と、カオナビHRテクノロジー総研 研究員の齊藤によるトークセッションで、「人事」の視点で今後どう取り組んでいくべきかを紐解きます。

1.今後の人事に期待される役割
2.取り組むことへのメリット・デメリット
3.実際に取り組むにあたって気を付けるポイント
4.運用の方法

一般社団法人 ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会 副代表理事

ISO人材マネジメント専門委員会「TC260ヒューマンリソースマネジメント」国内審議活動責任者

加藤 茂博 氏

株式会社リクルート HRエージェントDivision ソリューション統括部 ビジネスプロデューサー
人的資本経営WGを発足し活動を主導、経産省スキル標準化調査プロジェクト受託責任者
世界メッシュ研究所 事務局長。横浜市立大学データサイエンス学部 客員研究員。ミシガン大学HRコース、MIT People Analyticsコース修了。経産省委託研究PRJにて5件の特許を取得。ライフデザイン統計学、行動経済学に基づくAction Switch Libraryを開発

株式会社カオナビ

カオナビHRテクノロジー総研 研究員

齊藤 直子

慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程を修了後、プライスウォーターハウスクーパース株式会社(現PwCコンサルティング合同会社)に入社。その後NPO法人の事業部マネージャーや組織開発コンサルタントを経て、現職。組織・人事領域の調査・研究に主に従事している。現在カオナビでは週休3日正社員としてフルリモートワーク中で、並行してNPO法人でも働くパラレルワーカー。

【第2部】

〈講演〉「カオナビ」による人材データの見える化と活用法

タレントマネジメントシステム「カオナビ」を活用しながら人的情報を客観的にデータで見える化する方法をデモンストレーションを交えてご紹介します。

株式会社カオナビ

アカウント本部 アカウント2部 エンタープライズセールス2グループ マネージャー

福田 智規

大手メーカー系IT関係会社に新卒入社。主にITインフラ全般のソリューション営業業務に従事。
営業企画を経験後、グループ共通サービスの企画、クロスセルなど間接販売業務も経験。大手企業向け営業ノウハウを学ぶ。
2019年カオナビに入社しエンタープライズ領域の新規開拓を担当、現在はエンタープライズセールスグループでご契約後の顧客向け営業のマネジメントを担当。

タイムテーブル

時間内容
12:50~Zoomアクセス受付
13:00~13:25【第1部 講演】人的資本の情報開示の最新動向と事例
13:25~13:45【第1部 トークセッション】人的資本の情報開示に向けた人事の役割とは
13:45~14:00【第2部 講演】「カオナビ」による人材データの見える化と活用法
14:00~14:15【質疑応答】皆様からのご質問に直接お答えします

お申し込みフォーム

本セミナーは以下のフォームよりお申し込みください。
下記フォームから送信できない場合は、 info@kaonavi.jp までメールをお送りください。

複数名でご参加の場合も下記のフォームより、おひとりずつお申込みください。

当社判断により競合製品取扱い企業様の参加をお断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。

複数名でご参加の場合も上記のフォームより、おひとりずつお申込みください。

当社判断により競合製品取扱い企業様の参加をお断りさせていただく場合もございますので予めご了承ください。