マネジメントの仕組みを変えて、
社員が強みや個性を発揮できる職場を作る!

事例から見つける「働き方改革」のヒント

事例集を無料ダウンロード

1001~5000名

離職率低下

約2,500人の職員満足度が向上
離職率は業界平均以下に!

代表取締役 中正 雄一氏

――グローバルキッズの離職率の低下のための取り組みとは?

東京を中心に横浜、大阪にて116拠点の認可・認証保育所を展開する株式会社グローバルキッズ。日本全体で保育士ニーズが高まっているが、経営課題は人材不足だという。待遇面で差別化が難しい同業界で、同社は現場職員とのコミュニケーションを積極的にとり、職員の離職率を下げ従業員満足度を高める取り組みに成功しているという。では、具体的にどんな取り組みをしているか? カオナビの効果とともに同社の代表取締役 中正 雄一 氏に伺った。

  • 「従業員満足度」と「パン屋」の関係とは?
  • 職員の離職率を下げた取り組みは、離職者の情報共有と「顔と名前が一致した」コミュニケーション!

グローバルキッズの「働き方改革」事例を含む事例集はこちら!

事例集を無料ダウンロード

101~300名

生産性向上

コミュニケーション活性化

カオナビで人事基盤を構築
生産性向上でワーキングスタイルの変革が実現!

人事部長 高橋氏

――HDEのワーキングスタイルの変革とは?

クラウドセキュリティソリューションのメールサービスが75%以上の圧倒的シェアを持つ株式会社HDE。激しく変化するクラウドマーケットの中で、事業スピードを上げていくために、「ワーキングスタイルの変革」にもチャレンジしているという同社。生産性を上げ、スピード感を持って変化に対応できる組織を作るための秘訣とは? 人事部長の高橋氏(2014年当時)に同社の「ワーキングスタイルの変革」における取り組みを語ってもらった。

  • 組織を効率よく回していくために、基盤となる人事データベースに求められることとは?
  • 実現したいのは単なる「業務の効率化」では無く、「働き方」「コミュニケーションスタイル」の変革!

HDEの「働き方改革」事例を含む事例集はこちら!

事例集を無料ダウンロード

5001~10000名

多様な人材活用

約3,000名の人材情報をカオナビで可視化
グループ全体の人材育成・抜擢が加速!

吉野家店舗写真

――吉野家ホールディングスの人材活用の秘訣とは?

同社は吉野家創業当時から人材育成や組織づくりを積極的に取り組んできた。近年は、社内選抜の幅を広げ若く優秀な人材を抜擢したり、公募型の社内異動希望制度を開始するなど、更に積極的に人材育成に取り組んでいるという。では、同社がグループ各社の人材を埋もれさせずに可視化・選抜するための仕組みとは? 社長の一言が導入のきっかけだと語るグループ人材開発室室長 山崎 裕之氏にカオナビの選定理由と同社の人材育成の秘訣を語ってもらった。

  • 誰がどこにいるという情報だけではなく、経歴や人事評価に現れないトピックや行動も逃さない人材管理!
  • 選抜・育成の新たな仕組み"社内異動希望制度「キャリアオーディション」とは?

吉野家ホールディングスの「働き方改革」事例を含む事例集はこちら!

事例集を無料ダウンロード

51~100名

テレワーク・ノマドワーク

コミュニケーション活性化

時間や場所に縛られないワークスタイル
『ノマド制度』を支えるカオナビ

代表取締役社長 佐藤 浩也氏

――ディー・サインの多様な働き方とは?

「オフィスづくり」のプロフェッショナル集団として様々な企業における“場”づくりを実施してきた株式会社ディー・サイン。外出が多い社員に対して「ノマド制度」を採用するなど、創業時から時代を先駆けて多様な働き方への対応に積極的だ。現在は、より強い組織を作るための方法を模索中だという。同社が取り組む時間と場所に縛られない働き方とは? カオナビ導入の効果を交えて代表取締役社長 佐藤 浩也氏がここだけに語ってくれた。

  • 効率的な「ノマド制度」に求められるのは「責任感」と「自主性」
  • 社員の距離を近づけるための、時間と場所を超えたコミュニケーション術とは?

ディー・サインの「働き方改革」事例を含む事例集はこちら!

事例集を無料ダウンロード

カオナビを使った「働き方改革」の秘訣とは?

事例集をまとめて無料ダウンロード
ページトップへ戻る