ロールモデルとは? 設定のコツを正しく押さえて社員の能力向上を

ロールモデルは、自身の目指す方向性を明確にしたり、成長する助けとなったりするものです。ビジネス上でロールモデルを設定すれば、自分との比較や現状認識が可能になり、それはより良い成果につながるでしょう。

1.ロールモデルとは?

business_img14

ロールモデルとは「自分のお手本となる人物」という意味を持っており、具体的には行動技術や行動事例、考え方の模範となる人物です。

誰もが無意識のうちにロールモデルを設定しており、あこがれや参考にして生きる上で影響を受けています。そのためロールモデルを設定することは人生において大きな意味があるのです。

ロールモデルの設定が関係するのは生き方だけでなく、ビジネスパーソンとしても影響を受けます。周囲の人間からロールモデルを設定することでキャリアやスキルの指針となりますし、ビジネススタイルを吸収すれば成功への近道を手に入れられるでしょう。

ビジネスパーソンにとってロールモデルの設定は非常に重要といえるのです。

企業側も、社員の成長のためにロールモデルを提示する必要がありますが目標となるロールモデルがなかなか見つからないことも多いのが事実です。企業側がロールモデルを提示することで、社員の成長を促すことができるでしょう。

評価運用の効率と「質」を向上させるクラウドツール

  1. MBO・360度・OKR・1on1など、あらゆる人事考課運用をクラウドで実現可能
  2. 多彩な運用実績で作られたテンプレートを使って、考課シートを手早く構築
  3. 進捗状況が一目瞭然。催促メールで締め日までに確実に評価結果を回収できる
  4. フィードバック面談だけは“紙で”やりたいときは、帳票として出力可能

カオナビで評価運用をクラウド化して、圧倒的な効率化を実現!

> カオナビについて詳しく見る

2.ロールモデルの効能

business_img06

ロールモデルは人材育成に欠かせないものですが、具体的にどういった役割があるのでしょう。代表的な役割はビジネスパーソンとしての理想像です。

仕事のできる先輩や上司をロールモデルにすることで、自分の仕事に対する方向性や目標を設定できるのです。そして、周囲にそういったロールモデルを設定すると、仕事のモチベーションアップにもなるでしょう。

ロールモデルの設定は、自分の現状を知ることにもつながります。

  • ロールモデルの技術や知識
  • タイムマネジメント
  • コミュニケーションスキル

などを知ることで、自分の足りない部分が認識できるのです。自分の現状を知ることは難しいですがロールモデルと比較することで自分に何が必要なのかがわかり、足りない部分を補うことでビジネスパーソンとして成長できるのです。

これはビジネスに限ったことではありません。どのような分野でも、成長するには模倣から始めることが大切ですし、模倣を繰り返すことで基礎ができあがります。基礎に欠かせないお手本となるのがロールモデルなのです。

3.ロールモデル設定の際のポイント

business_img22

  1. 年代ごとに、伸ばすべき要素を絞り込む
  2. 設定した要素の向上に最適なロールモデルを設定

ポイント①:年代ごとに、伸ばすべき要素を絞り込む

新入社員

business_img13

さまざまな業務に主体的に取り組む積極性

ビジネスパーソンとして経験の浅い新入社員は、与えられた仕事をこなすだけで精一杯になってしまいます。これはもちろん仕方のないことで、先輩や上司はそれを理解したうえで仕事を任せているのです。新入社員はまず、任された仕事を確実にこなしましょう。

しかし、いつまでもそういった仕事のスタイルでは成長できません。それ以上に成長するには、指示を待つのではなく積極的に仕事に向かう姿勢が必要なのです。

より成長して成果をあげるためにも社内の先輩や上司をロールモデルに設定し、どのようなビジネススタイルなのか吸収しましょう。ロールモデルを模倣することでビジネスパーソンとして成長できます。

自分なりの判断基準

先輩や上司からロールモデルを設定し、さまざまな事柄を吸収することで成長できますが成長には伸ばすポイントを絞り込むことも大切です。そこで、ロールモデルが自分と同じ世代だった際の話を聞きます。

  • どのような働き方や努力をしていたのか
  • 新入社員の時点でどのような努力をしておくべきか

など具体的な点まで聞くとよいでしょう。

自分に与えられた仕事をこなすだけで満足してはいけません。自分なりの判断基準を設けて、より高いスキルを身につけるようにしましょう。少しでも早い段階からロールモデルを設けることで、以降のキャリア開発に好影響を与えるのです。

中堅社員

business_img30

将来的なキャリアビジョンに基づいた自己研鑽への姿勢

ある程度大きい仕事を任され責任あるポジションになった中堅社員の場合、将来的なキャリアビジョンに基づいた自己研鑽を含む必要があるでしょう。

そこでリーダーとしてお手本となるようなロールモデルを設定しましょう。リーダーというポジションは自分のためだけではありません。組織をリードして、部下を指導する立場にならなければならないため、中堅社員にはマネジメント力も求められます。

またロールモデルから問題解決能力も吸収しましょう。これによって将来のリーダーとして成長できます。

職場の上司や同僚、部下との協力体制の構築

中堅社員はロールモデルを設定する際、将来的なキャリアビジョンについても考えますが、それ以外にさまざまな不安や悩みも抱えます。

たとえば、

  • 業務内容へのマンネリ化
  • 組織への閉塞感や不満
  • 将来への不安
  • 後輩や新人の育成も任されたことで生じるプレッシャー

などです。こういったメンタルコントロールにもロールモデルの設定は欠かせません

ロールモデルが自分と同じポジションだった際、どのようなマインドで業務に取り組んでいたのかを聞いて学びましょう。それがネガティブな感情から脱却する糸口となります。

管理職

business_img10

組織のトップとしてのリーダーシップの育成

管理職というポジションになると、組織のトップとして業務に取り組むシーンが増えます。

現在は人件費や求人コストの削減、深刻な人材不足などが問題となっていますが、ロールモデルを設定することでどのような対応をしたらよいのかが見えてくるのです。

また管理職は次世代リーダーを育成する必要もあり、そのためには積極的なコミュニケーションが求められるでしょう。自社の将来がかかるリーダーの育成は大きな意味を持ちます。

社員の個性を認めて能力を開発することで、次世代のリーダーを育てることができるのです。

組織全体のマネジメント能力の開発

管理職には組織全体のマネジメント能力が求められるため管理職研修を受けることも必要です。部下のポジションではわからないことも多いですが、管理職になることで何が求められているかが見えてきます。

組織を運営するうえでどういった業務を行うべきなのかといった感覚をロールモデルから知ることもできるのです。

さらに、管理職には部下を評価する能力や姿勢も必要で、これは人材マネジメントにおいて重要な役割となっています。部下のモチベーションを向上させることで組織のパフォーマンスも高まるのです。どのように部下を評価すればよいのか、必要な能力は何か、ロールモデルから吸収しましょう

スペシャリスト

es-survey_analyse

専門分野におけるスキルアップ

専門分野に特化したスペシャリストにもロールモデルは欠かせません。スペシャリストに欠かせないあれこれをロールモデルから吸収して、スキルアップを図りましょう。

スキルアップとは具体的に経験を積むことと資格の取得ですが、経験は特に難しいものです。しかし社内の身近な社員をロールモデルに設定することで、経験値をアップできます。

何よりも大切なことは、ロールモデルを通して自分に足りない経験を明確にすることです。これによって自分の業務スタイルがわかり、具体的なスキルを身につけられるでしょう。また、自分の成長を明確にアピールしたいのであれば、資格の取得は非常に効果的です。どういった資格が必要なのか考えましょう。

職種転換制度などを利用した、得意分野の拡充

働き方の改革が進められている現在のビジネスシーンで注目されているのが、総合職から一般職、またはその逆などが可能になり、より自由度の高い働き方ができる職種転換制度です。

これまでの企業では職種転換制度が無かったため、キャリアセレクトが限られていました。しかし今は職種転換制度でキャリアセレクトが可能となり、自分の求める業務にチャレンジできます

ロールモデルを通して自分の得意分野を明確にし、伸ばしていけば、理想的なキャリアセレクトが可能となるでしょう。

ポイント②:設定した要素の向上に最適なロールモデルを設定

ブラザーシスター制度などの活用も有効

ビジネスパーソンの成長にはロールモデルの設定が欠かせませんがなかなかロールモデルが見つからないことも多いでしょう。それを補うのがブラザーシスター制度です。

ブラザーシスター制度とは、先輩社員が新人の業務指導、悩み相談などを受け付ける制度のこと。新入社員の多くは不安を抱えているものですが、この制度を通して不安を解消できます。

比較的年齢が近い先輩から直接指導が受けられるので、この制度を通してロールモデルの設定も可能なのです。ブラザーシスター制度とはまさに、兄や姉のような頼れる存在の設定でしょう。

4.急がれる女性ロールモデルの育成

business_img11

「女性ロールモデル」のポイント

ビジネスパーソンとしてキャリアを築いている人

現在、女性のロールモデルの設定が急がれています。ロールモデルとして具体的に求められているのは、ビジネスパーソンとしてキャリアを築いた女性でしょう。

これまでの日本では、女性がビジネスシーンで活躍するのは難しいことも多かったのですが近年、活躍を見せる女性が増加しています。

特に女性ならではの営業スタイルは高い評価を得ているのです。女性営業スタッフから、ロールモデルを見つけるとよいでしょう。

ワークライフバランス(結婚・育児・介護など)に成功している人

女性にはさまざまなライフイベントが存在します。これまで日本では結婚、育児、介護などのライフイベントは女性だけの問題と考えられており、これらによってビジネスに参加出来ないことも多くありました。

しかし多くの企業で考え方の改善が進み、ライフイベントに対するサポートが実施されています。さらに、男性の育児参加なども積極的です。そうしたワークライフバランスについてロールモデルから学ぶとよいでしょう。

ワークライフバランスとは? 意味、重要性、メリット、事例、現状について【ワークライフインテグレーションとの違い】
少子高齢化に伴う労働力不足を目前とする今、ワークライフバランスの実現に多くの企業が積極的に取り組み始めています。一体、ワークライフバランスとは何でしょうか? ワークライフバランスの意味 ワークライフ...

育成のための施策

女性社員の活躍を推進する企業風土の醸成

女性は出産などのライフイベントによってキャリアアップが妨げられることもあります。しかし、こういった慣習は古いものと考えられており、ライフイベントを経験してもキャリアアップが可能となっているのです。

企業側は、女性社員が活躍出来る環境づくりが必要でしょう。これによって女性社員が活躍でき、将来的なロールモデルにもなり得ます。今後の企業の成長には女性の活躍が欠かせません。

メンター制度などのキャリア支援制度や研修制度の設定・充実化

女性が活躍できる環境をつくることで、将来的に女性がロールモデルになる可能性が高まります。そのため女性のスキルアップやキャリアアップのため支援制度を導入するケースが増えているのです。

また、そのほかに助言者などの意味を持っており先輩社員が相談を受け付けるメンター制度を導入する企業も少なくありません。働きやすい環境の提供は早期離職の防止にもつながります。

5.ロールモデルが見つからない場合

business_img05

「視点の切り替え」を社員に促す

身近にいるいろいろな人の「いいところ」に注目させる

ロールモデルは身近な存在であればあるほど吸収しやすいものですが、なかなかロールモデルが見つからないこともあるでしょう。そのようなとき、どうしたらよいのでしょうか。

まず必要なのは視点を切り替え、身近な社員の良い部分を見ることです。たとえば叱られたことで相手を嫌な人だと思ってしまうと、以降それ以外にたくさんある良さが見えなくなることもあります。このように視点を切り替えることで、多くの社員の良い部分がさらにわかるのです。

社外で探す

ロールモデルは身近な人を設定することが理想ですが、どうしても難しい場合もあります。もし見つからない場合は社外で探すのもよいでしょう。メディアに登場したり著書などを出版したりしているビジネスパーソンをロールモデルに設定してみてください。

そのほかに歴史上の人物やかつての経営者などをロールモデルにすることも珍しくありません。こういった何かしらの成功を収めた人物を、自分の行動や指針に落とし込むことは、今後の人生にも大きなプラスとなるでしょう。

まとめ

ロールモデルとはお手本となる存在で、ロールモデルの考え方や行動をもとにして自己研鑽できます。常にロールモデルを設定することで、ビジネスパーソンとしても磨かれるでしょう。

ビジネスパーソンとしてキャリアを重ねると、自分だけの考え方に縛られ、変化の多いシーンへのアプローチが遅くなりがちです。ロールモデルの設定により、シーンや時代に関係なく成長できるでしょう。