離職率の計算の仕方を教えてください。

離職率の簡単な計算方法は、一定期間に離職した人数を当初の人数で割り100をかけることです。

離職率=離職者数÷期初の社員数×100

これによって、新入社員など調べたいグループの一定期間内の離職率が算出できます。

状況別の離職率計算

たとえば、人手不足の解消を目指して離職率を計算するとしましょう。採用人数から退職した数を引くことで算出できます。

勤続年数の長さで仕事のできをはかる際は、平均勤続年数ごとに新人やベテランなど層に分類して計算すると、層ごとの離職率が算出できます。

人材育成に力を入れたい場合、新卒で入社した社員の3年以内の離職率を計算して活用するとよいでしょう。 その場合、

  • 入社1ヵ月後
  • 3ヵ月後
  • 半年後
  • 1年後
  • 2年後
  • 3年後

とある程度の期間ごとに計算します。

 

さまざまなパターンで離職率を計算

その期間に辞めた人数を在籍している人数で割り、100をかけると、ある期間の離職率がどのくらいかが算出されます。対象となる人のタイプや知りたい期間などを元にして離職率を計算することで、あらゆる指標になるでしょう。

また数字をもとに人材育成やマネジメントの達成率を把握できます。あらゆる数値から離職率を計算し、経営に役立てましょう。