OJTでの教育と、通常の上司・先輩社員からの指導はどのように異なるのでしょうか?

一般的にOJT教育とは、目標や期間を定め計画的に実施し、成果を出すための指導として捉えられています。指導方針に沿って担当者から指導を受けると言う点でも、計画性のある教育手法と言えるでしょう。

一方、上司や先輩社員からの指導は、日々の業務内で受けるものであり、より場当たり的という側面があります。

OJT教育を定義するキーワード

OJT教育を定義する場合、次のようなキーワードが挙げられます。

  • 上司が部下に対して
  • 仕事を通じて
  • 意図的、計画的、重点的に
  • マンツーマンで
  • 指導育成

上司が部下に対し、仕事を通じて行うという点では、通常の上司や先輩からの指導と同じですが、意図的、計画的、重点的にというのがOJTの特徴です。またOJTは組織として体系的に行うことが求められるため、OJT計画や指導方針などが社内や部署内で共有されていることも必要です。

OJT教育と上司などからの指導を単純に切り離すことは難しい

一方で、OJT教育には、個別の指導を含むことも事実です。実際の業務を行う際には、担当トレーナー以外にも、業務に関わる上司や先輩社員から指導を受ける場面もあります。

さらに、段階に応じて、直属の上司や先輩社員が指導するように計画することもあるので、その場合の指導はもちろんOJT教育の一環となります。

このように、OJT教育と上司などからの指導を単純に切り離すことは難しいのです。

社内全体でOJTの目標を共有する

OJT教育と個別の上司や先輩社員による指導は、厳密に言えば異なると言えますが、広い意味では同義となりえます。

いずれにしても、新人を効果的に育成するために、OJT担当トレーナーだけでなく、社内全体でOJTの目標を共有することが重要です。