研修で学んだ内容を社員に定着させるにはどのようにすれば良いでしょうか?

研修で学んだ内容を定着させるには、次のような方法が有効です。

  1. 研修前に事前アンケートを取り、社員からの問題点を研修に反映させる
  2. 研修の必要性を事前にしっかりと説明
  3. 研修内容は実際の業務に近い状況を取り入れる
  4. 研修後の効果測定

研修の内容を工夫するだけでなく、事前準備から終了後までのプランニングが重要となります。

研修の効果を上げるための事前準備と研修中に必要なこと

研修の効果を上げ、定着させるためには事前準備から工夫が必要です。

まずは研修の企画段階で対象者に現状の問題点や取得したいスキルなどについてアンケートを取ります。

そのアンケート結果をもとに講師や研修会社の担当者としっかりと打ち合わせを行うことで、実務に役立つ内容に近づけることができます。

また、研修中は実務に活かせると感じても、実際に業務を行うとどのように活かせばいいのかわからないということは多々あります。

そのため、研修の中で実際の業務でどのように活かすかを具体的に考える時間を多く取ると効果が増すでしょう。

研修終了後の効果測定方法

仕上げに、研修終了後の効果測定でより定着させることができます。

効果測定には次のような方法があります。

  1. 研修後にアンケートを取る
  2. 研修で学んだことを上司や部署の中で報告する
  3. eランニングなどで習得度チェック

研修後のアンケートや研修内容の報告は、コストをかけずにすぐに取り入れられるのでおすすめです。

eランニングは導入費用がかかりますが、理解できるまで何度も繰り返しチャレンジできることや、結果をシステムで一括管理できるというメリットがあります。

研修には現場の声を反映させることが大切

せっかく研修を行うのであれば、定着させたいという思いは会社側にも社員側にもあるかと思います。

研修内容を定着させるには、実際に業務で役立てられることが不可欠です。

研修のための研修にならないよう、研修前から研修後まで現場の声を反映させることが大切だと言えます。