社員のモチベーションを維持するような人材育成の方法はありますか?

スタッフが自ら勉強できるシステムや環境を作る、目標を細かく設定する、などがあります。

アンケートや面談にて、現状の課題を知る、管理職の教育や研修をすることが重要でしょう。

自発的に学べる環境づくり

何事も、やらされているという意識のもとでは、モチベーションはアップしません。

つまらない、興味を持てない、と感じてしまったり研修時間が早く終わって欲しいなどと感じてしまう環境では、モチベーションの維持は難しいでしょう。しかし、

  • 好き
  • 興味がある
  • 自由に取り組める

ものであれば、自発的に学ぶ気持ちが生まれます。 できる範囲でよいので、

  • 多種多様な研修を検討
  • インターネットなどを利用した環境づくり

を進めましょう。

モチベーションとは? 仕組み、低下要因、マネジメント方法について
社員のモチベーションを上手に管理して個々人の生産性を高めることは、組織全体の活性化にもつながります。そのためには、制度の改革だけでなく社員の仕事に対する満足度を高めるコミュニケーション、正当な評価を行...

目的を明確に

何のための教育であり研修か、といった目的があいまいだと、モチベーションを維持することはできません。

スタッフ一人ひとりがなぜその研修が必要なのか、それを学ぶことで何ができるようになるのか、といった研修や教育の目的を理解することが重要です。

また短期目標も設定しましょう。短期目標の達成によってやりがいが生まれ、次の目標にモチベーションを維持しながら向かっていけます。

モチベーション維持に向けて

  • 自発的に学べる
  • やりがいを感じられる

このような環境で研修を受ければ、モチベーションを維持しながら学習できます。しかしそのためには、管理職や人材育成担当のスキルも必要です。

管理職やリーダー研修などにも力を入れ、指導スキルを高めるとよいでしょう。