人材育成に行き詰まっています。どのような課題が考えられるでしょうか?

時間・人材の不足、雇用形態や意識の問題などがあります。

これによって、

  • 教育・研修制度や方針を構築できない
  • 決めた方法を実践できない

といった状況になるのです。まずは自社の人材育成における課題を把握しましょう。

環境が問題となる場合

人材育成ができない雰囲気や風土が根付いているため、人材育成が行き詰まることもあります。

  • 上司や先輩から言われたことだけをこなしている
  • 目標を持たずに仕事をしている
  • 人事評価が適切でなく、不満が多い

といったもので、これらのような課題を抱えていると、人材育成はしにくくなります。

従業員にやる気がある人がいても、上記のような雰囲気で仕事をしていると、モチベーションが下がり、同じようになってしまうことも多いです。

方針の策定が重要

どういった人材育成プランが良いのかが分からないと適切な人材育成にはつながりません。

  • 会社にどういった人材が必要か
  • どういった教育や研修が必要か

といった観点から見直し、方針を立てていきましょう。

人材育成に行き詰まっています。どのような課題が考えられるでしょうか?
時間・人材の不足、雇用形態や意識の問題などがあります。 これによって、 教育・研修制度や方針を構築できない 決めた方法を実践できない といった状況になるのです。まずは自社の人材育成における課題を把...

人材育成がスムーズに進む土壌づくりを

どういった人材にどのような研修や教育が必要か、といった点の把握は人材育成に欠かせません。教育や研修は、経験年数やキャリア、役職別に適したものが存在しており、それを適切に行うことで人材育成はスムーズに進むのです。

もちろん、研修を受けるだけでは意味はありません。勉強したことは部署内でフィードバックし、反復しましょう。こういったことを管理者含むすべての従業員が理解できる土壌づくりも重要です。