人材育成に関する助成金制度はありますか?

いくつかあります。

主な助成金制度には、

  • 人材開発支援助成金
  • キャリアアップ助成金

などがあり、それぞれコースや条件が変わります。人材育成に向けて助成金を活用する企業は少なくありません。

人材開発支援助成金とは?

より専門的なスキルを学べる訓練や人材育成制度にかかる費用をサポートするもので、

  • 特定訓練コース
  • 一般訓練コース
  • キャリア形成支援制度導入コース
  • 職業能力検定制度導入コース

などがあり、外部講師にかかる手当や備品、必要な教材などの費用をサポートしてもらえます。たとえば、介護関連企業で、介護福祉士実務者研修にかかる費用などをサポートしてもらうなどです。

キャリアアップ助成金とは?

契約社員や派遣社員、短時間動労者など非正規雇用者を対象にした取り組みに対する助成金のこと。正社員化や賃金規定の変更にて有期契約者の労働環境を改善し、キャリアにつなげてもらうものです。

  • 正社員化コース
  • 賃金規定等共通化コース
  • 短時間労働時間延長コース

などさまざまなコースがあります。

人材育成に有用な助成金

会社の業績アップに人材育成は欠かせません。費用の捻出が難しい場合は、助成金の活用をお勧めします。活用前には、条件や金額などを確認し、自社に合った助成金を選びましょう。

人材育成の環境づくりは人材の見える化から

顔写真が並ぶタレントマネジメントツール「カオナビ」なら、自社に合ったタレントマネジメントを実現します。

  1. 組織の今をダッシュボードでパッと把握。気になるところは顔ぶれまで確認できる
  2. 組織図で顔ぶれを俯瞰して人材配置を練れ、マトリクスで評価結果の甘辛調整もできる
  3. 最適人材をリストで管理し、可視化したスキルと経験で育成プランを立てられる
  4. 手軽に実施できる社員アンケートを使い、社員の声を拾って退職リスクも早期発見

カオナビでスキルや適正を可視化し、自在に人事シミュレーションが可能。

まずは資料をご確認ください。

> カオナビについて詳しく見る