目標管理をスムーズに運用するためのコツはなんですか?

目標を管理する従業員のモチベーションを高めることと目標の立て方です。

目標管理とはそもそも、目標を定めた部下が自分自身の目標を管理するもの。つまり、部下のモチベーションが高まることで、目標管理もスムーズになるのです。

また、目標設定の方法に問題があると、スムーズな目標管理はできません。目標の立て方も確認しましょう。

従業員のモチベーションを上げるには?

仕事を「やらされている」という意識ではなく自発的に仕事を進め、目標を達成しようとする意識が必要です。自発的な意識を持って目標を達成するには、

  • 会社にとって自分が役に立っている
  • 期待されている内容

について従業員が自覚できるようにするとよいでしょう。

目標管理がうまくいかない要因の一つ、目標設定

目標設定のコツは、

  • 明確で具体的な内容
  • 目標のレベルが適正
  • 会社の方針や自分の役割を認識する

こと。また、いつ、どこで、何を、どのように行うか、といった具体的なことを検討していくことが目標設定のコツです。スキルを把握し、数値化することも、具体的な目標設定につながるでしょう。

レベルだけなく、時間に関しても判断し適正な目標を考えることが必要です。

目標管理で、目標があいまいになりがちな場合、どのように数値化すれば良いでしょうか?
目標を数値化する場合、目標を達成することで得られる効果について、さまざまな側面から考慮してみましょう。 分かりやすいのは金額です。そのほか、 業務を遂行するまでにかかる時間 必要となるスペースや距離...

目標管理制度がうまくいかない理由にはどんなものがあるでしょうか?
評価への不満や目標との関わり方、その他さまざまな不安が挙げられます。 たとえば、以下のようなものです。 目標達成の成果だけで評価することへの不満 目標管理シートが活用されにくい 目標の掲げ方が分から...

従業員の意識が最も大切

目標管理をスムーズに行うには、適正な目標設定も重要ですが、何より従業員の意識が大切です。従業員のモチベーションが高い状態で保てるようにしましょう。

そこで重要なのが上司の存在。上司は管理者として、目標達成できるための設定を一緒に検討し、部下がそれを進められるようサポートしましょう。

上司が、目標管理における自分の役割をしっかり把握すること。これも、従業員のモチベーション維持に大きく役立つのです。

目標管理制度(MBO)とは? 意味、手法、運用方法、必要性、メリット・デメリットについて
マネジメントで有名な経営思想家ピーター・ドラッカーが提唱した、組織における目標管理制度(MBO)。この目標管理制度は、組織貢献と自己成長の両方が達成できる個人目標を設定させ、その達成度で評価を行う人事...