人事評価が原因で退職してしまう社員が増えています。何が問題なのでしょうか?

正当な評価を受けられていない(と本人は感じている)からです。

従来の人事評価は評点・順位付けが目的となる傾向があり、さらに評価する側の主観が含まれることも多々あります。 そのため、人事評価に不満を持つことが増え、退職につながってしまうのです。

部署によっては評価が難しい

会社が出した評価に納得できない要因の一つに、評価が難しい部署の存在があります。

営業であれば売上○%アップなど客観的な数字が出るため評価もしやすいでしょう。しかし、総務やコールセンターなどは働きぶりを数字で表しにくいです。

明確な評価基準がないと、仕事の際何を目標にすればいいか分からず、モチベーションを感じにくくなります。結果退職してしまうというパターンがしばしば見られるのです。

人事評価時の面談・フィードバックによって、(評価結果にかかわらず)社員のやる気を引き出したいと考えています。何か良いやり方、進め方はありますか?
「人事評価は、仕事に対してどれだけ応えたかをデータ化したものであり人格を判断しているものではない」と伝えましょう。 そうすることで社員に、 なぜ評価が低かったのか どうすればよくなるか と根拠をも...

フィードバックが問題を引き起こすことも

評価項目がはっきりしないだけではありません。結果のフィードバックが問題となる場合もあります。 フィードバックが十分でないと、評価の根拠が不明瞭になりがちです。このため評価を下されても、どこをどう改善すれば評価がアップするのか理解できません。

結果、

  • 会社は自分たちのことをきちんと見ていない
  • まっとうな評価を受けることができない

と不満を抱き退職に至るわけです。 また前述の通り、評価者の主観が多分に含まれる傾向もあるため、評価者で人事評価の結果が変わり、不公平感を招くことも増えてしまいます。

フィードバックとは? 3つの効果的な手法やビジネスでの正しい使い方(文例)
フィードバックは、日々の業務において上司と部下の間などで頻繁に行われています。職場で何気なく行われているフィードバックにはどんな目的があるのでしょうか。 フィードバックを効果的に行うポイントや、フィー...

不満を回避するには?

人事評価に不満を感じて集団退職した事例もあります。こうした状況を回避するには、

  • 評価項目や基準をオープンにする
  • 評価結果のフィードバックを十分実施する
  • 好意的なフィードバックを増やす

ことが望ましいでしょう。これにより評価を受けた側も、

  • どこを改善すれば良いか
  • 何を目標にすれば良いか

明確になるため、仕事に対して前向きな気持ちが持てます。