人事評価制度を導入しようと考えていますが、導入することによるデメリットはありますでしょうか?

人事評価制度にはデメリットもあります。具体的には、次のような4つの内容が考えられます。

  • 正しく運用できていないと新しく問題や課題を生み出してしまう
  • 全社員を正しく公平に評価することが難しく、不公平感を感じる社員が生まれる
  • 「評価を下げられるのでは」という恐れから、失敗を避けて新しい試みをしなくなる
  • 自己評価より低い評価をつけられると、モチベーションが下がる社員もいる

のびのびと仕事ができる環境づくりを心掛ける必要がある

正しく運用するということが何より重要ですが、そこが難しいところでもあります。

新しく人事評価を取り入れる場合、評価する側とされる側双方にしっかりと内容や方針を理解してもらわなくてはなりません。それを怠ると、制度が正しく機能しなくなり、トラブルの原因にもなりえます。

また、日本人の国民性として「周りと同じ」に安心する習性があります。そのため、評価が人より低かった場合に他人と比較して不満が生じることもあります。

その他にも評価を下げられてしまうのではないかという恐怖心は、人事評価の大きなメリットである社員の成長を妨げます。余計なことを気にせずにのびのびと仕事ができる環境づくりを心掛ける必要があります。

評価項目や方向性をしっかりと固めて社員に伝える

これらのデメリットを回避するために、重視して欲しいいくつかのポイントがあります。

まずは、評価制度をスタートさせる前に評価項目や方向性をしっかりと固めておくこと。そしてそれを社員に伝えることです。

次に、上司と部下の面談時間をしっかりと取り、コミュニケーションを怠らないこと。面談時には、どのように評価してこのような結果になったのかをしっかりと伝えましょう。

メリットとデメリットを理解した上で人事評価制度を導入する

人事評価制度は社員や会社の成長に非常に有効です。ぜひメリットもデメリットもしっかりと理解したうえで、導入の準備を進めてみてください。

人事評価の導入を検討しています。どのようなことがメリットとして挙げられるでしょうか?
人事評価制度の一番のメリットともいえるのが、社員や会社自体を成長させるという点です。 また、次のようなメリットも考えられます。 社員のモチベーション向上 上司と部下とのコミュニケーションを取る機会が...