360度評価はどのような目的で導入する企業が多いのでしょうか?

複数の評価により客観的な評価が可能になる、上司だけでは分からない社員のスキルや仕事が可視化される、他人の評価から自己発見ができる、多面的評価により納得度が増すなどです。

このようなメリットに向けて、360度評価を導入しようと考える企業が多くなっています。

納得、正当性といった問題解決

成果主義を取り入れる企業が増えた現代。しかし人員の削減や業務の多さから、上司一人で部下を客観的に判断することは難しくなっています。

さらにテレワークやツールが発達したことで、部下と直接的なコミュニケーションを取る機会が減り、、部下の日常や人間性を客観的に判断することが難しい場合も増えました。

上司だけの判断に基づく評価だけでは、

  • 社員も納得しにくい
  • 正当な評価かどうか不明瞭

といった問題も多いでしょう。これら問題の解決を目的に導入する企業が増えているのです。

意識向上と気付きの増加

上司だけでなく、周囲からも評価されるため、組織内ではいろいろな人から見られている、という意識が持てます。また、複数の人から評価されるため、新たな気付きを見つけることも可能でしょう。

自らのスキルを伸ばす方法として、360度評価を取り入れる企業も少なくありません。

客観性と正当性を要する

人事評価は、給与や賞与などにも大きな影響を与えるため、客観的で正当性の高い評価が求められるのです。

成果主義においての評価の客観性を高め、被評価者本人がしっかり納得するためにも、360度評価は効果的と考えられています。

また、組織内の自律性向上を目的とする場合も多いです。 360度評価の目的を達成するためにも、導入目的やメリットなどを社員全員に周知しましょう。

360度評価とは? メリット、デメリット、運用方法、評価項目、導入率、企業事例について
360度評価とは、仕事上で関係を持つ多方面の社員が評価対象者を評価すること。 従来多用されていた上司が部下の人事評価を行う人事評価制度とはまったく異なる手法を用います。そのため、導入を検討する場合には...